ミリオネア

5月11日からnoteはじめて

入院生活5日目になりネット環境が充実してダッシュボードも見れるようになりました。
意外と見てくださる方が多くてびっくりです。 

本日7月2日までに91記事

5月11日にスタートした当マガジン。本日7月2日までに91記事も更新してきたようです。1記事の文字数は1000文字いかないものから5000文字近くになるものまで。フォロワーさんはまだ17人。合計の「スキ」は264。PVは9386(最新集

もっとみる

5月11日からnoteはじめて

5月31日現在でご覧のPVです。
意外と見てくださる方が多くてびっくりです。 

noteを始めた経緯

私の本業は飲食業です。

二俣川というところでカラオケバーを2008年8月から始めました。
もう11年目なのでいろいろ肩書きも増えました。

2008年開業当時は二俣川の飲食店としては後発でまわりともめずに集客するのにインターネットを活用するのが都合がよかったというのがあります。mixi、Fa

もっとみる

【だから億万長者になった!】
米国富裕層マーケティングの第一人者、トマス・J・スタンリー氏が、「1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました」と題して、億万長者の実像を統計的に明らかにする一冊。

▼つづきを読む
https://sharedoku.com/archives/18422

Tシャツジーンズの人がビリオネアだったり、配管工の人が年収2000万だったり。日本で俗に言うお金持ちの見た目の概念は、適応しないのがサンフランシスコ!フタを開けてみないとわからないことばかりで面白い!

#ミリオネア #ビリオネア #サンフランシスコ

Vol.1【億万長者の思考法】優先順位のつけ方

誰でも日々やりたいこと、やらなければならないことがたくさんあり、億万長者はどのように優先順位をつけて、それらをこなしているのでしょうか。

重要でないが緊急なこと、緊急でないが重要なこと、億万長者はどちらを優先するのでしょう?

◆音声レッスン

◆今日のワーク

◆今日の名言

◆オススメの本 

※アフィリエイトリンクはありません。

◆感想やご質問、
とりあげて欲しいテーマなど
ございました

もっとみる

お金の脆さ

「1億円あれば何しますか?」

この質問は使い古されて
廃れているかもしれません。

あなたはどう感じますか?

いや、正確には、どう答えますか?

僕はこの質問は奥深いな
と思っています。

一般的にはその人の価値観が
色濃く反映される質問として
捉えられていると思います。

つまりお金に関する考え方を
知ることができるということですね。

貯金する割合が多いならば
慎重派だといえるかもしれませ

もっとみる

YouTube (World/Business 全7ch) 随時更新 23th Jan

WawamuStats (☆☆☆☆ 23th Jan)
いろいろな統計やデータの棒グラフ推移をビジュアル化してあるチャンネル。データそのものはドル基準、あくまでひとつの見方ですが純粋に面白いです。

CNBC International (☆☆☆10th Jan)
世界の会社、世界のビジネスを知る事ができます。

Bloomberg (☆☆☆10th Jan)
世界の投資家御用達の情報サイト、動画

もっとみる

興味のあること忘備録「種あり種なし」

2019年のお正月、三が日が終わろうとしています。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
まずは、前回の記事の流れで、初夢報告をば…

見ませんでした。(リベンジならず)

まりあは、昨夜はお手製のおせち三段(料理は好き)を日本酒とともに平らげ、ご満悦です。
なぜ料理ができるかって??
それは、お酒に合う自分好みのおつまみを作るのが好きだからです。
おせちの一押しは、クリームチーズかぼちゃきんとんと日

もっとみる

067 終わったテレビ番組について考えるのが好き

『終わった番組のことをいつまでも考えている』

1.
 平成30年、2018年にもなるのに、いまだに雑学の話が出ると「今の78へぇ~ぐらいじゃない?」「ビビる大木は確認のVTRの前にもう20へぇ~で、タモリさんは補足トリビアの後でも8へぇ~ぐらいだよね」みたいな例え話をしてしまう。
いまだに「雑学といえばトリビアの泉」という連想が刷新されていないのだ。

 トリビアの泉が放送されていた頃、自分は1

もっとみる
スキをしてくれたので秘密をひとつお教えします。うどん派です。
1

ローラの憂鬱 その2

私はビリオネアの主催する奇妙なパーティーに何度か出席する機会があった。それは非常に異様な雰囲気を秘めたパーティーであり、参加者の皆がビリオネアに見返りを期待しているような、何やらあからさまにいやらしい目をしていた。このような目をしていなかったのは、彼の家族と、どこかの国の政治家くらいのものであった。彼の家族は一目見るとわかるくらい、ダイヤモンドまみれであった。パーティー会場の光が反射して、目が痛い

もっとみる