ヤタガラス

八咫烏と三種の神器から読み解く、日本の歴史

八咫烏と三種の神器から読み解いていった日本の歴史についてまとめています。元々こういった隠された情報は、ユダヤ人によって揉み消されてきました。

それでも知識ある人間は、その事実を多くの人々に伝える為、古文書に暗号を隠し、後世に残してきました。こういった古文書は宗教団体や政治団体が大切に保管しています。

この八咫烏と三種の神器も古代から代々受け継がれてきたものです。しかし古代人が残した痕跡は、権力

もっとみる

2018年5月21~23日 大台ヶ原(1695m)~大杉谷

日程:5月21日大和上市駅→定期路線バス→大台ヶ原→苔観察路→中道→大蛇嵓→シオカラ谷→心・湯治館(泊)  5月22日心・湯治館→中道→大蛇嵓→日出ヶ岳→シャクナゲ平→堂倉滝→崩壊地→七ツ釜滝→桃の木山の家(泊)  5月23日桃の木山の家→平等嵓→千尋滝→大日嵓→発電所→駐車場

メンバー:5月21日単独 5月22~23日:秋田、糸の会メンバー5名、コーチ

数年前にいつもの花仲間と大峰山へは登っ

もっとみる

標のヤタガラス

道先案内、軽やかな行動力、風を読む、ビジョン

耳と全身を澄ませて!

風を感じて。

今、風はどちらへ向かって吹いているでしょうか。

行先を心に描けば、おのずと風向きが変わり、あなたはそこに向かって運ばれていくのです。

迷うことをまずやめると決めなさい。

私が案内しましょう。

まず前に一歩進むことが大切。

そう、風にのって!

「下町ロケット」最終回直前特集

今日は「ルフィ名言シリーズ」をお休みして、いよいよ最終回を迎える「下町ロケット」の特集コラムをお送りします。

以前の音声配信で「下町ロケット」ジョーカーゲームについて触れて来ましたが、第2部の今回見えて来たジョーカーゲームは、「復讐」と言うものです。
全ては、来週の最終回に明らかにされることと思いますが、「復讐目的のジョーカーゲームはうまくいかない」と言うことが感じられます。

ジョーカーゲーム

もっとみる

シュライン#14  熊野那智大社(ヤタガラスをめぐる旅)

2018年9月の”諸々巡り旅”はここから始まったので、時系列に整理していこうと思う。まずは熊野那智大社から。
しかしそもそもここへ行くことになったのはスピリチュアルな流れでは一切なくって、我が宇宙人母が「帰ってくるんやったら温泉でもいこか」と突然言い出して、イイネイイネとなり「そういや昔な、和歌山の洞窟温泉に泊まったことあるねん、あそこもっぺん行ってみたいな」と母が言うので「洞窟温泉!?おもろそう

もっとみる

『下町ロケット ヤタガラス』を読んで。

『下町ロケット ヤタガラス』は、直木賞もとった池井戸潤の代表作、『下町ロケット』シリーズの四作目で、ストーリーとしては、第三作、『下町ロケット ゴースト』に続く後編にあたる。『下町ロケット ゴースト』を読んでいない読者は、この書評を読む前に、まずそれを読むべきだ(『下町ロケット ゴースト』の書評は書いておりません)。

発売すぐに書店で買い、次の日の飛行機、そして滞在先での空き時間を使ってあっとい

もっとみる

宇宙に繋がる=宇宙からの監視カメラ対象要因

昨今のブームに『宇宙と繋がる』などというモノがあり、

SNSなどでもよく目にします。

この『宇宙』。

非常に肯定的意味合いで使用されておりますが、

逆を返すと宇宙に常に監視されてる状況。

ワタクシ前回も言いましたが、

自称カミサマ・自称仏サマの様子や、

宇宙的要因をただじっと見てるだけの『人間さま』であります。

SNS界隈など、文言自体に『霊的パワー』を使い

読んだ人間に『呪い』

もっとみる

天の邪鬼’ @今朝もヤタガラスが元気良く徘徊している

◆ 今朝は、肌寒いくらいに涼しい朝になりました。

 いつものように5時頃に起きてパソコンでニュースなどを見ていたら、まだ薄暗い中、カラスの声が響いていました。外が静かなので、カラスの声が良く透ります。

 肌寒い中でカラスの声を聞くと、何か、ゾクッとするものを感じます。あの感覚は何なのでしょうかね。[#カラスの声]

 多くの人は“不吉な予感”を感じてしまうと思いますが、私は、反対。何か良いこと

もっとみる