ユーザー的不服従

食べログ|思いやれないデザイン #8

日常で出会う思いやりに欠けるデザインを批判して、世の中をほんの少し良くすることを目指すマガジン。

今回の思いやれないデザインは、こちら。

食べログ。もっとも浸透しているのではないかと思われるグルメプロダクトの1つだけど、同僚が困った話を聞き「思いやれないデザイン」に認定。

同僚が飲み会に誘われて、メッセンジャーに送られてきたお店の情報は食べログのURLだった。よくあることだと思う。当日、同僚

もっとみる

エレベーター(2)|思いやれないデザイン #7

日常で出会う思いやりに欠けるデザインを批判して、世の中をほんの少し良くすることを目指すマガジン。

今回の思いやれないデザインは、前回に引き続きエレベーター。今回取り上げるのはこれ。

あるマンションで出会ったのだけど、目的の階を押すのに戸惑ってしまった。このデザインの問題も対応づけだ。

1個目のエレベーターの話で解説したので省略するが、階のボタンは高い階ほど上に配置されている方が認識しやすい。

もっとみる
書物は、君が君自身の中へ帰るのを助けてくれる。―ヘッセ
6

エレベーター|思いやれないデザイン #6

日常で出会う思いやりに欠けるデザインを批判して、世の中をほんの少し良くすることを目指すマガジン。

今回の思いやれないデザインは、こちら。

エレベーター。

世の中に普及している割に、困ることが多い。使う頻度が高いプロダクトなだけに思いやれないデザインに認定。

エレベーターはけっこうバッドデザインに遭遇することが多く写真もいくつか撮ってあるのだけど、とりあえず1つずつ取り上げようと思う。

もっとみる
真に器量の大きな人間は「できる」と思わせてくれるものだ―トウェイン
6

Qurio スマートロック|思いやれないデザイン #5

日常で出会う思いやりに欠けるデザインを批判して、世の中をほんの少し良くすることを目指すマガジン。経緯は、ユーザー的不服従|『誰のためのデザイン』。

今回の思いやれないデザインは、こちら。

Qurioスマートロック。

Airbnbで鍵を余分につくって渡すのが面倒で購入した。プロダクトの造形はミニマルでとてもキレイなのだけど(きっと賞でも取っているんでしょう)、2ヶ月くらい使ってみて不満に思って

もっとみる
良書を読むための条件は、悪書を読まないことである。ーショーペンハウアー
6

悪いデザインの代償|思いやれないデザイン #0

今回は#0ということで具体的な事例ではなく、「なぜ些細な日常のデザインにわざわざ時間を割いて批判するのか?」という問いに答えてみたい。

理由は2つある。1つは、自分のデザインスキル向上のためだ。つまり、トレーニングとして続けている。この企画を続けることで、自分のデザインの解像度が上がってきていることをすでに感じている。

以降は、2つ目の理由についてこんな構成で書いてみる。

悪いデザインの代償

もっとみる
良書を読むための条件は、悪書を読まないことである。ーショーペンハウアー
9

きっぷ券売機|思いやれないデザイン #4

日常で出会う、思いやりに欠けるデザインを批判して世の中をほんの少し良くすることを目指すマガジン「思いやれないデザイン」。経緯は、ユーザー的不服従|『誰のためのデザイン』。

今回の思いやれないデザインは、仙台駅で出会ったこちら。

きっぷの券売機。

一見きれいなディスプレイで使いやすそうなのだけど、たぶん20秒くらい目的を果たせず困ってイライラしたので思いやれないデザインに認定。

目的はなんだ

もっとみる
真に器量の大きな人間は「できる」と思わせてくれるものだ―トウェイン
5

リクライニングシート|思いやれないデザイン #3

日常で出会う思いやりに欠けるデザインを批判して、世の中をほんの少しだけ良くすることを目指すマガジン「思いやれないデザイン」。詳細は、ユーザー的不服従|『誰のためのデザイン』。

今日の思いやれないデザインは、東北新幹線で出会ったこちら。

リクライニングシート。

こうやってアップにするとわかりやすそうだけど、ふつうに座ってリクライニングしようとしたら困ってしまった。隣に座った人も同じようにリクラ

もっとみる
良書を読むための条件は、悪書を読まないことである。ーショーペンハウアー
5

ゴミ箱|思いやれないデザイン #2

日常で出会う思いやりに欠けるデザインを批判して、世の中をほんの少し良くすることを目指すマガジン「思いやれないデザイン」。詳細は、ユーザー的不服従|『誰のためのデザイン』。

今日の思いやれないデザインは、代々木公園で出会ったこちら。

ゴミ箱。

初夏の香りに誘われて、ピクニックに出かけた帰りに遭遇。ふつうに燃えるゴミを捨てたかっただけなのだけど、1度エラーを起こしてしまった。後から隣のペットボト

もっとみる
本のない部屋は、魂のない肉体のようなものだ。―キケロ
7

セルフレジ|思いやれないデザイン #1

このマガジンの目的は、ユーザー的不服従|『誰のためのデザイン』に書いた通り、思いやりに欠ける悪いデザインを批判して世の中のデザインを、そして世の中をほんの少しでも良くすることだ。

というわけで、記念すべき第1弾はこちら。

代官山 蔦屋書店で出会った、セルフレジだ。

ある書籍を買おうとしたのだが、クレジットカードを読み込んだところで購入を断念することになった。なんと、クレジットカードでの購入に

もっとみる
真に器量の大きな人間は「できる」と思わせてくれるものだ―トウェイン
19