ラットレース

なぜラットレースを抜け出すのが難しいのか?図解解説してみた。

こんにちは、内山です。

今日は、

「確実にラットレースを抜け出すマインドセット」

というテーマで話していきます。

ラットレースとは、
ロバートキヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」
に出てきた有名なワードです。

一応、知らない人のためにその意味をお伝えすると、
働いても働いても一向に資産が貯まらない様子が
回し車の中でクルクル回るネズミに似ていることから
その名(=ラットレース)がつけられ

もっとみる

【読書】人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点

おはようございます!

ayakyamaruです!

この手の本はかなり好きで、


なんでかっていうと自分が勉強したり経験してきたことが、


本のエピソードや文章を通して


今までの自分の人生というストーリーのなかに


組み込まれてきたものでもある

というのを気づけるからだ。


なかでも重要だと思った箇所を私なりに紹介していくので、


かみ砕いて読んでもらえればと思います。


「使

もっとみる

ラットレースから解脱して、気持ちよく暮らすことは可能なのだろうか?

世の中の大半の男たちは根本的に競争が大好きです。僕も例外ではありません。長いこと競争を続けてきました。そして、人生は競争の連続です。部活、受験、出世競争と果てしなく続いていきます。これについては以前にも何度か書いたことがありますが、特に男は、放っておくと果てしなく競争を続ける生き物です。

おそらくこれは、僕らのDNAに深く刻まれた本能なのです。しかし、競争というのは本質的に人々をハッピーにしない

もっとみる

「もう野菜とか作って田舎でのんびり過ごしたい。」という都会人に良く会うが、野菜とか作るとのんびり過ごせないぞ。

サラリーマンの家庭に生まれると、起業して失敗すると借金をかかえて死ぬ!という変な固定観念に囚われ、大胆な行動を踏み出せない。そりゃ実際に死んでしまう人もいるだろうが、何度も復活する人もたくさんいる。この差はなんだ?人脈の過多か?はたまた才能か?踏み出さなければ判らないモノなのか。

投資という世界

こんにちは!よっしーです。
今日は「投資という世界」についてです。

■自分は搾取されていた
投資をされている方いらっしゃいますか?
正直にいいます。僕は投資云々の前にお金の勘定がすごく苦手で、とにかく、頭のいい方々に搾取されてきました。

なぜそう思うかはこのイケダハヤトさんの動画をご覧ください。

社会人になってからクレジットカードをもてるようになったり、高額なローンを組めるようになったり、月

もっとみる

社畜にはなってもらいたくない

#アベマTV 見ていたらいまや5人に一人が #フリーランス だそうです。
自分の子たちにも自由で楽しい人生を歩んでもらいたいのでいい傾向だと思います。

「まだ #社畜 続けますか」ってありますけど、
そもそも社畜って何なんでしょう。

1社畜の定義

そもそも社畜とは何なのかという話ですが、定義はありません。ネット上のスラングですから。ただ「自分のことを社畜だと思っている人」は存在しています

もっとみる

【#社内付き合いはラットレースの始まり】

ボクの会社員時代
社内の飲み会や
休日の遊びは全て断っていました
 
 
しかし必ず「付き合い」は
会社員の宿命で
そういうものが好きな
人って必ず社内にはいますよね
 
 
 
そういう人たちは所謂
「ラットレース」にはまっています
 
 
 
働いて使って、働いて使って…
いくら働いてもお金が貯まらず
グルグルと永遠に走り続ける…
 
 
 
せっかく働いて得たお金をいつも
社内の飲み会で使う

もっとみる

文科省はまだ学校にスマホを必要としないのか

いまだにスマホを「学習に必要のないもの」と位置づけて学習させる学校に子供をあずけ学ばせる必要性を感じなくなってしまっています。

情報モラル教育の現状

ようやく文科省も情報モラル教育の必要性を感じ動いているようです。しかしスマホによって人を傷つける危険性があることをいくら教えようとしても学習にスマホが必要ないとしている時点で説得力がありません。

なんすかね。この文科省ページにある  #教材

もっとみる
明日もいい日でありますように❤️ ミカリュスより
35