メアリー・カサット展

印象派を代表するアメリカ人女性画家、メアリー・カサットの回顧展。日本では1981年に伊勢丹美術館と奈良県立美術館を巡回した展覧会から35年ぶりにカサットの絵画を鑑賞できる貴重な機会である。

油彩画をはじめ、パステル画や版画、カサットと親交のあったエドガー・ドガやベルト・モリゾ、カミーユ・ピサロらの作品、そしてカサットに大きな影響を与えた葛飾北斎や喜多川歌麿の浮世絵など、併せて112点が展示された

もっとみる

裸族ちゃんを始めとした皆さまのお腹を空かせるnote#飯テロ!

裸族ちゃんのリクエストにより崎陽軒『お弁当秋』のフタを開けるついでに、今回も写メの整理をしたいと思います❣️

でも、最近はあんまり食べてないから飯テロになるかなぁ…😅

崎陽軒 お弁当秋

シュウマイも二個入ってました✨✨

シュウマイ弁当だと多いから、私はこの量がベスト❣️←カレー以外は別腹じゃない💦

珍しい普通のヨーグルトの付いたモーニング💓

あんまり見た事ないけど、美味しさは安定

もっとみる

ルノワール「アネモネ」の消滅 〜のぞみ〜

梅田で会った1週間後、初夏の京都で待ち合わせた。蒸し暑い。
盆地のこの地は日が沈んでも気温が中々下がらず、風も吹かない。特別急いではなかったが、15分前に集合場所に着いてしまった。のぞみに会えるという浮足だった気持ちがそうさせたのか。同時に僕の身体は緊張していた。気を紛らわそうと四条通りを歩く人たちをぼんやりみた。夏休みで、多くの人で溢れ、みな表情がいつもより明るく見えた。
赤のレトロなワンピース

もっとみる

4倍見れば、スキになる!?

一言でいうと

良し悪しより「なじみ感」が重要

活用シーン

営業、人間関係、マーケティング

内容

コーネル大学、ジェームズ・カッティングの実験
166人の学生を募った。
印象派の絵画を2点ずつ組み合わせたものを見せた。
2点の組み合わせ方法は、片方は他方より「はるかに有名な」作品(大学で使っている教科書に出てくることの多い作品)とした。

10回のうち、6回までは学生はより有名な絵のほうを

もっとみる

ルノワール《木かげ》

国立西洋美術館に所蔵されているルノワールの《木かげ》。
ひとめみて絵の奥の方、奥の方に
「吸われてしまう!」と咄嗟に思った。

55.8×46.3cmという小柄なカンバス。
油絵の具が用いられている。

《木かげ》を初めて見た瞬間は、
多彩な緑色を用いながら無数の荒い点が塗られている平面と認識した。

しかし、見直すたびにこの絵は変わる。

題名を読んだ後、
再び絵に目を向けると
カンバスの真ん中

もっとみる

🕊母の日に思うこと🕊

小さい頃よりも、母の日、父の日の存在感が自分の中で増しているな〜。 母の日に葉書を書き、自分の思っていることが2割も伝わらない葉書だなと思いつつも、ポストに投函してきた。🌹 思っていることが2割しか伝えられず、悔しいので、ちょっと向き合って言語化して、ここに書き留めておこうと思う。

思いっきり自分の為だけに自分の時間を使える環境があるのは、両親のおかげ。そして、今の自分の武器となっているもの

もっとみる

モネ・ゴッホ・ルノワール。彼らの作品が全て無料で見れる!?イギリス観光の勧め。イギリス編⑨

モネ、ゴッホ、ルノワールなどの絵画を全部無料で見ることができるって知っていましたか?

小中高の美術の授業で一度は必ず聞いたことのある名前の美術家。

日本で彼らの作品を美術館で見ようとすると2000円程は最低でもかかってしまいます。

ですがイギリスのロンドンにある美術館は彼らの実際の作品をなんと無料で見ることができます!

その場所は、

ナショナルギャラリー

です!

ここでは日本人の全員

もっとみる

モンマルトル:アーティスト村の風景

同僚の先生がパリに来ているので、あわててユーロスターを取って、朝5時半起きでパリに移動した。ユーロスターの料金は、早く取れば取るほど安い。日本では、新幹線のエクスプレス予約を、すでに電車に乗りながらスマホ予約するのがつねであるわたしだが、ロンドンーパリでそういうことをすると、かなり高くつく。

しかしかれは明日帰ってしまうので、会いに行くことにした。すいません、計画性のないのはわたしです。

昨年

もっとみる

アラフィフ

喧嘩なんて買うものじゃないのはわかってても疲れてるとうっかり買っちゃうこともあるので気をつけないとですね、どうも私です。

ルノワール

純喫茶なコンセプトで喫煙席をちゃんと設けてる喫茶店。
他に喫煙席を確実に設けてるであろう喫茶店あげるのはちょっと自信ない。
喫茶店としても質の良いサービスだと感じるし、味も良い。
めっちゃ好きなんだけどWi-Fiがないんだよね、、、だがそれがいい。
スタバとかマ

もっとみる

作業は、会社? 自宅? カフェ?

ぼくはよく知らなかったのだけど、ノマドワークなるものがはやっているらしい。

なんでも、フリーランスの方の間ではやっているスタイルで、作業場所を固定化せず、居心地のよいと思えるカフェやコワーキングスペースを見つけては、そこでパソコンを広げてカシャカシャとやる。で、「もう2時間も経つのか。そろそろ気分転換したいな」と思ったら、チェックして颯爽店を飛び出し、別に目星を付けているお店へと足を運ぶ。何とも

もっとみる