当日券を買う

レミゼをもっと観たい欲がむくむくと湧いたので、本格ミュージカル初観劇の妹を連れて博多座当日券チャレンジしてきました。

熊本から始発の新幹線で博多へ向かい、地下鉄で中洲川端に移動。
トイレを済ませて博多座へ向かうと、既におふたり並んでいらっしゃいました。
時刻は7:30分くらい。
8時頃からちらほらと人が増え、9時過ぎには待機列の折り返しができていました。
この時期は飲みもの必須です。博多座む

もっとみる

「誘惑」- コンテンツ比喩辞典 #11

ジャン・バルジャンが服役後に寄せてくれた教会から銀の食器を盗む

ヴィクトル・ユーゴーの大河小説「レ・ミゼラブル」の1シーン。家族の困窮のためにパンを1本盗んだことで19年服役したジャン・バルジャンは、出所後に行き場がなくなり困っていたが、教会に迎えられ泊めさせてもらう。しかし、金を稼ぐ手がないため夜の教会から銀の食器を盗んで逃亡する。その後憲兵に捕まり教会に連れてこられるも司教は「これは彼に与え

もっとみる

レ・ミゼラブルを観た

博多座でレ・ミゼラブルを観た。
かなりひさしぶりの本格ミュージカル。ずっと歌っているキャストの面々、というのもひさしぶり。
レミゼはいままでストーリーが重過ぎて敢えて避けていた作品なのだけど、観ることができてよかった。
すごく体力を削がれるし、頭もフル回転で興奮がおさまらないけれど。
ストーリーとキャラクターをすこし知っている程度のわたしでも、すぐにその世界観に入っていけるのが名作と呼ばれる所以な

もっとみる

名古屋・大阪、、そしてラスト

お久しぶりももちゃんマンです!

気がついたら7月、、もう終わり、、
☆投げ銭感謝祭LIVE☆もおわり、、、

皆さまに支えていただきながらの日々。

ももちゃんマンはまた1つ歳を重ねました。

気がついたら
「レ・ミゼラブル」の公演も
私の出演は博多公演のみです🇫🇷。

ここまでの
名古屋、大阪公演を少し振り返り🌻

名古屋🕺御園座

御園座はお客様との距離が近くて、帝国劇場でやってた

もっとみる

神降臨の旧演出版レ・ミゼラブル: 楽日公演

本当にこれで終わってしまうなんて、信じられない。

ほぼ休むことなく回転し続ける盆を巧みに使った85年開幕のオリジナル演出版を初めて見たのは、10年以上前。「一度は観るべき!」と、TKTSの列の前だか後ろだかにいた見知らぬ誰かに勧められたのが、きっかけだった。

前回見たのが6年くらい前。いつまでもあると信じて疑ってもいなかった。

旧演出版が終わることを友人から聞き、しかも楽日がロンドン滞在中で

もっとみる

le 14 juillet, オスカル・フランソワにありがとう

私はオタクなので(※)大学時代に聖地巡礼よろしくフランスに留学し、帰国を2週間後にひかえた2010年7月14日にはパリ祭に参加しました。

(※「私はオタクなので」とは、オスカル様に恋をし、アニメ『星の王子様』を見て空を眺め、ジャンヌ・ダルクに憧れて幼少期を過ごしたことを指す)

パリ祭は日本語だけの呼び方ですが、1789年のバスティーユ牢獄襲撃に由来するフランス革命を記念した建国記念日のこと。フ

もっとみる
読んでいただけただけでも嬉しいです!スキありがとうございます!
12

レ・ミゼラブル 7月11日

ついにー!!ついにこの日が!!!!レ・ミゼラブル(以下レミゼ)を見る日が!!来ました!!!

この日のために測りなおした視力(少し悪くなってた)、新調したソフトコンタクトレンズ(2week)、そしておまじない的な感じで買ったサプリメント(速攻ブルーベリー)そして何より倍率5倍の双眼鏡よ、ありがとう。君のおかげであらゆる席はS席になるよ!!!

はい、そんなわけで興奮冷めやらぬというかたぶん冷めよう

もっとみる

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル、見てきました。

映画は、ヒュー・ジャックマン版しか見ておりませんでした。
本は、小学生の時に図書室で「ああ、無情」を読んだ気がする…ほとんど覚えてないけど。
ヒュー・ジャックマン版映画の公開当時、
時々デートする様な関係の男性と映画館に行ったのは良い思い出…
彼が寝てしまったのを見て、デートしなくなったなあw

さて。

舞台はよく見ますが、「ミュージカル」は初めて。
しかもミュ

もっとみる

ある日のニューヨーク日記とレ・ミゼラブル鑑賞記録

1年以上ぶりなので、許してください。そう、過去の日記の引っ張り出しDAYです。とっても眠くて、頭が働かないのです。

これは5年近く前、ひとりで卒業旅行と称してニューヨークへ行ったときの日記です。後半は、ミュージカル「レ・ミゼラブル(通称レミゼ)」の鑑賞記録。誰に向けてでもなく、自分のためにつらつらとEvernoteに書き溜めていたものです。

後半はただただレミゼの鑑賞メモなので、レミゼ好きじゃ

もっとみる

Les・Miserables

恥ずかしながら「レ・ミゼラブル」は初見である。ジャン・バルジャンの話は小学生の頃に読んでなんて理不尽だと思った虚ろな記憶だが、それ以来苦手。最後までストーリーを覚えてないにもかかわらずだ。映画も途中でリタイアしてしまった。
今回は日本人キャストだからきっと大丈夫とこれだけの人気ミュージカルだから絶対面白いと自分に言いきかせての観劇。

一最初はやはり逃げ出したくなるジャン・バルジャンの理不尽な人生

もっとみる