レーピン

レーピンの絵は「怖い絵」だけなのか

最も力強く、最も偉大な画家イリヤ・レーピン

イリヤ・レーピンは19世紀後半より20世紀初頭のロシアにおいて活躍した画家であり、ロシア芸術「金の時代」を支えた巨星である。

1844年ハリコフ(ウクライナ語ではハルキウ)の小さな村で生まれ、13歳の頃より絵画の技法を学び始める。ペテルブルク芸術アカデミー入学後、若くして頭角を現し、アカデミーの卒業コンクールにおいては最高の褒賞である大金メダルを獲得

もっとみる

現実生活というリアリズムへの傾倒と共に、アルコールへ溺れていったムソルグスキー。
そんな彼の現実に幕を下ろしたのは、1本の気の利いたプレゼントでした。
死のブランデーhttp://classic.totteoki.info/report.php?page=160829R100001