ワガユージ

書を捨てよと今のおれは言えるのだろうか

17歳くらいで川蝉やクリープハイプと出会って、両方のライヴを見に行っていたが、川蝉は惜しくも解散することになった。この2つのバンドは将来大物になる、というのが当時のぼくの未来予想図だったが、今でも、川蝉というのはぼくにとって記憶の中の宝物ではあるが、蝉という言霊がたたったのか、と書いてしまうと無責任で失礼だけれども、名が世を渡る前に解散した。きっと本人たちは、有名になることがすべてではないとか今は

もっとみる