上演料

ストーリーがあってオチが綺麗な漫才を書き続け,漫才作家だけで食べていくためのプラン

今や職業としては消えつつある"漫才作家"ですが,わたしは「漫才作家だけで食べていこう」と本気で思っています。そのための具体的なプランを書いてみました。

ストーリーがありオチが綺麗な漫才台本を書き続ける

▶︎漫才作家だけで食べていくための基礎であり大前提となるのは,「ちゃんとしたオチがある完成度の高い漫才台本を書き続ける」ことです。「新ネタ」だけでなく❷❸❹の3つの方法をバランス良く活用すること

もっとみる
いろんなものを落とすのがオチ屋です。運転免許は2回落としました
19

「しっかりとしたオチのある漫才を書き,フリー台本として公開する者が勝者になる時代が来る」という予想

もしも漫才が今のように,「同じネタを他の漫才師がやることはほぼない」という状態が続くとすれば,将来的に漫才はどうなるのでしょうか?いつまでも「新ネタを作り続ける」ことは可能なのでしょうか?

限られた人しか「新ネタ」を作れなくなる時代が来る?

漫才は「生活に密着した笑い」ですから,時代と共に「生活」も変化するため,ネタが完全に尽きてしまうことはないと思います。ですから,「新ネタを作り続ける」こと

もっとみる