【テキス〈ト〉ラベラー(1)】

【あらすじ】
「ぼく」は見知らぬ少女と出会い、そして頼みごとをきくが、それがよいことなのかはわからない話。

==文字で旅する問題児(トラブラー)==

※※※本編※※※(49000文字)

      『ラベル』

「修学」の二文字が付いていながら、それに参加せずとも卒業できてしまえるというのだから、修学旅行というものは、学習という観点から言って、あまり重宝されている行事ではないのだろうな。ぼく

もっとみる

名無しのミケ #2

瞳子は進学校に通っている。県下一や有名私立ではないが、県内の人間が校名を聞けば無条件で生徒を優等生だと見てしまう、それ位のレベルの公立高校の一年である。今朝もミケは公園にいた。笑い掛けてはくれるものの、ここ何日かは浮かない様子のように見える。気にならない筈はなかったが、学校を休む訳にも行かない。大学に合格しなければならないのだ。金の掛からない地元国立大に、はっきり言って学部など文学部だろうと法学部

もっとみる

合作小説『命在るカタチ』第一話 (過去作品)

Life Exist Form-命在るカタチ
Wrote by / XERE & Kurauru

第一話
「虹色の瞳」

『……よぉ!これからどうするよ……』
『……そうだねぇ……君の成績なら今から努力すれば……』
『……涼野君ってちょっと変わってない? ……』
『……ちょっと!遊び歩くのもいいけど……』
『……あんだよ、付き合い悪ぃなお前……』
『……期待してますよ……』
『……何よその言い方

もっとみる

名無しのミケ #1

ミケはいつも公園にいる。
 ところどころペンキの剥がれたブランコに揺られ、滑り台の上で膝を抱え、シーソーの錆びかけたハンドルに夢心地に凭れている。鉄棒にバランス良く腰掛けたり、時にはそう高くないジャングルジムの天辺で、小学生が背中のランドセルを鳴らして走り回っているのを眺めたりしている。
 瞳子が近寄ってくる間は心持ち首を傾げて見ていたが、右隣に腰を下ろすのを確かめてからミケは微笑んだ。
「おはよ

もっとみる

名無しのミケ #0

ミケはいつも公園にいる。

トーコはミケに会いにゆく。

ほろ苦めの青春、恋愛小説未満。

以前個人サイトにアップしていたもののサルベージです。

悲しい話

悲しい

とはなんだろうと考える

人がいなくなること
自分がいなくなること

人に何か取られること
自分が人の物を取ってしまうこと

愛せなくなること
大切なものが消えてしまうこと

私の一番の悲しみは 死 。

自分の死は怖くもなんともない
むしろ無感情。
しかし
周りの家族 親戚、知り合いの死には
恐怖と悲しみしか湧き出ない
怖い 毎日が怖い
迫ってきている
あんなに遠かった足音

もっとみる

俺のカレシはネコらしい。

※カップルではありません!改題

あらすじ♡
 俺たちミャーマコ、男同士の名物カップル。 登下校もクラスも花柄リュックも一緒。どこからどう見てもラブラブなバカップル。ガサツでちょっとバカな俺と計算高いマコ。もちろん、マコのことは大切だよ?だけど実は周りが囃し立てているだけ。俺たちミャーマコ、カップルではありません!

「おい、ミャーマコ!」
 下校の鐘が鳴り響く中、俺たちは呼び止められた。声の主は

もっとみる

野蛮の作法(43)

彼 は よ う や く 紗 江 が 本 気 で 仕 事 を 辞 め よ う と し て い る こ と 、 そ の 深 刻 な 事 態 を 把 握 し た 。

な ぜ 僕 が 備 え る ん だ 、 と 問 う の が 精 一 杯 で 、 そ の 言 葉 は も は や き わ め て 敵 対 的 に 響 い た 。 

そ し て 、 紗 江 に 家 で 眼 鏡 を 外 す の を 許 す べ

もっとみる

野蛮の作法(42)

は じ め 、 彼 は 憎 悪 す る 紗 江 の 幸 福 を 考 え て 一 生 を 過 ご す こ と が で き る の な ら ば 、 憎 悪 だ ら け の 世 界 に も ま っ た く 絶 望 と い う わ け で も な さ そ う だ と 考 え た の だ っ た が 、 日 が 経 つ に つ れ て 凸 凹 を な す 2 タ イ プ の 人 間 を イ メ ー ジ す

もっとみる

野蛮の作法(41)

( 五 )

オ カ ザ キ 君 と の 出 会 い に お け る 空 想 と 懐 古 、 言 い 方 を 変 え る な ら 期 待 と 幻 滅 の 慣 性 の よ う に 、 彼 は そ の 後 数 日 、 ま だ 記 憶 の 浅 瀬 に 残 る 少 年 像 を 通 し て 自 ら の 計 画 を 反 芻 す る こ と に な っ た 。 

ラ イ ブ ハ ウ ス か ら 酒 場 へ と

もっとみる