人事部

人材集めは人事部の仕事じゃない

ついにNewsPicksのフォロワーが200人を超えました。ありがとうございます、いづつです。昔のTwitterアカウントの最高記録が1000人だったので、ユーザー規模を考えると200人ってだいぶ健闘しているんじゃないかと、調子に乗っております。

 また転職ネタですが、こんどは企業側の人に向けた話です。

■もう転職って普通の活動ですよね

 電車に乗っていると、ぱっと見渡すだけでどこかしらに転

もっとみる

〝BizHint〟にて、『人事が「ピープルアナリティクス」分析で抱える苦悩』で、鹿内 学 様、LINE株式会社・佐久間 祐司 様、株式会社メルカリ・友部 博教 様 の撮影をさせていただきました。

https://bizhint.jp/report/314926

「ストックマークのような人材採用がやりたい」と目標にされる組織へ

東大発のAIベンチャー「ストックマーク」
人事の松木さんへのインタビュー。
この時はまだ入社されたばかりで。
未来のことを話す目がキラキラしてた!

もっとみる

人事部が裏方ではなくなる時代

🔵人事部がこれから「会社の裏方」でなくなる必然

⏺️GAFAも導入する「戦略人事」とはいったい何か

⏺️人事部は今後、経営と事業の双方を理解したうえでの「戦略人事」を行っていく必要がある

⬛️「人事部」と聞くとどんなイメージを持っているか

⏹️社員の評価などの機密情報を扱う仕事の性質もあり、漠然と特権的な役割だと感じている人が多い

人事部へ異動することが“出世コース”だとみなされる会社

もっとみる

面接が通らない!?選考を突破する4つのポイント

就活生の皆さん、そろそろ面接に進んでいる方も多くなってきている頃かと思いますが、「なかなか選考を突破できない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな方の為に、今回は、面接を突破するポイントをお伝えしたいと思います!

企業が重視するポイントは?

まず、企業が重視しているのはどんなところなのか見てみましょう。「2019年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」によると、面接時に特に注視するところ

もっとみる

「他社にはないという魅力」-ユニークな社内制度10選-

採用情報の"オープン化"が加速しています。

・求職者が「気になる」情報
・会社の「伝えたい」情報
としてお互い必ず挙がるのが社内制度。
会社独自の社内制度を作ることで、少しでも社員が働きやすい環境を整えることができます。

「他社とは違う独特の制度を作りたい」
「他の企業はどんな社内制度をやっているのだろう」

そんな悩みをお持ちの方必見!
シニアルが気になる社内制度をまとめてみました。
これか

もっとみる

学生のうちにやっておくべきことってなに?学生とのワークショップで改めて気づいたこと

6月15日(土)に学生団体SWITCHにお声がけいただき、こんなワークショップに社会人枠で参加をしてきました!

より多くの高校生に、社会人の方々や大学生の考えを聞き、「大学受験とはなにか」「人生とは何か」考えてもらいたい。高校生が多くの人の考え、経験を知ることで自分の道を作り出すきっかけにしてほしいという思いでこのイベントを開催。

という思いのもと、高校生だけでなく参加している団体のメンバー、

もっとみる

雑記#1 白い人事と、黒い人事と、キャリア選択。

読書記録中心に更新しようと思っていたが、取り上げたい本がなんとなく見つからなかったので、noteでは読書記録に加えて思うことを整理して、雑記として記録していこうと思う。

今日は「白い人事と黒い人事」について。書こうと思ったのは以前SNSでこの話題を見たことがきっかけ。白い人事(ホワイト人事)や黒い人事(ブラック人事)という分類は今に始まったことではなく、古今東西話題になることではある。この白黒人

もっとみる

【102追記】社員募集を始めた出版社「柏書房」の特徴を101個あげる

こんにちは! 書籍編集者の竹田です!

このたび、自分が勤めている出版社「柏書房」が社員募集をスタートしました。

でも、柏書房(かしわしょぼう)ってどんな会社なんでしょうか? ほとんど世の中に知られていないこの小さい出版社について、現役の社員である私が特徴を101個挙げてみようと思います!

※いち編集視点なのでおもいきり情報が偏っています。ご容赦を。

1)実在する会社
2)出版コードを持って

もっとみる

インターン生から内定者でています!今の時代、働いてから就職先を決める時代。

本格的な梅雨シーズンの到来で、スーツを着るのも嫌な時期になってきましたね・・・
でも、そんなことも言っていられない!就職活動も踏ん張りどころ。Wizは皆さんを応援します!

さて、Wizではインターンシップを積極的に行っていますが、インターン生から内定者が出ています!

学情の調査によると、インターンシップの実施率は年々増加傾向にあり、インターンシップの実施企業は6割に。上場企業では82.3%が実

もっとみる