人生を変えた出会い

お題

ただいまこのハッシュタグで作品を絶賛募集中です。
あなたもステキな記事を書いて参加しましょう!

感動的なおいしさを作るために

独立して3ヶ月半。フリーの料理人をやめる。

理由は単純で、独学の限界を感じたからだ。

この3ヶ月間は、ほぼ休みなく、あらゆるところで料理を作って働いた。

ご家庭に行って、お家にある食材で作りおきを用意するサービスは、自分がこれまで家族や友達に振る舞っていたことがそのまま活かせて喜んでもらえる楽しい仕事だった。

ケータリングは、週1回ほどのペースで行った。最大で80名分の用意はしびれる体験だ

もっとみる

続・会社員だけど実名顔出しのTwitterが会社にバレた後、6,000フォロワーに到達するまでの話

こんにちは。都内の人材紹介会社でキャリアアドバイザーをしています。

前回は「会社員だけど実名顔出しでTwitterを始めたら、4ヶ月で1,000フォロワーに到達した話」というnoteを書きました。

「あ、会社にバレても大丈夫なんだ」と安心できた方が多かったようで、勇気出た、自分もやってみる、と沢山のツイートでの感想をいただきました。この1年で実名顔出しのツイッターを本格的に始める方も増えてきた

もっとみる
お役に立ちましたか?とっても嬉しいです♡ありがとうございます!
21

中高生と滋賀を学んだら、最高の夏になった話。

滋賀県民は出身を聞かれると、「京都のあたりです。」と滋賀出身であることを隠すらしい。どうせ東京から行くなら京都や大阪、と素通りされがちな、ちょっと目立ちにくい場所なのだ。

そんな滋賀で、滋賀キャンプという中高生を対象にした3泊4日のサマーキャンプがあったので、大学生メンターとして参加した。

テーマは「滋賀を知る、自分を知る。やってみたいに出会う夏。」

そこで中高生が、滋賀に隠れたストーリーを

もっとみる

ついに出会った! 禿豆珍道中京都編 リアル禿吉と黒豆仙人の対談(第三段)!

ニーハオ、黒豆仙人です。

社会が1ミリでも明るくなるようにと

ツイッターで人を繋ぐための企画を色々やってきた黒豆仙人ですが、

2019年7月26、27日、今回初めてリアルで人に会って対談を実現しました。

僕が会ったのは、この人!

禿吉@プロハゲイター
@prohageitar
無添加人。薄毛に悩む30代男性。氷河期世代で貯金ゼロ。貯金0で諦めていたハゲの治療費をブログマネタイズで捻出中

もっとみる

人✖️人、その「✖️」になりたい #note酒場でやりたいこと

「僕、ナースあさみさんのツイートやnote記事を読んだ時、すごい良いなぁって思ったんですよね〜。」

と言った僕の言葉を聞いて、会ったことも話したことも、今だに誰だったのかも分からない男性が突然、

「あそこにあさみさんいるから連れてきてあげるよ」

と言ってくださり、僕の中ではもう芸能人のような人になっていたあさみさんを目の前に連れてきてくださりました。

これが僕の第一回note酒場の一番良い

もっとみる

「放課後のプレアデス」を観て1カ月経った訳だけど。

こんにちは。久しぶりの更新です。最近は極めてノーイベントでグットなライフを送っていたので特にここで書くこともなかったのですが、まぁ夏休みだし。たぶんここの更新頻度も高くなるんじゃないかなぁと思うところ。

 さて、僕が「放課後のプレアデス」を視聴して1カ月ちょっと。この作品は僕の心に大きなクレーターを残していったといって良いでしょう。作品を通じて確実に僕の中でいくつかの変化が生じていて、そういう意

もっとみる

ショートショート「スーパーハムの夜」

「セックスの後のみりんがうまい」と言ったのは室井佑月だけど、私ならコトが終わったあとにはしょっぱいものを口にしたくなる。

たとえば、とんでもなく塩分多めで何の肉かわからない体に悪そうなスパムとか。

「九条さん、なんでもいいからなんか夜食食べません?コンビニとかで買うのでもいいし」

シングルベッド、私の隣で全裸の仰向けになり額の汗を拭った矢代くんは、エアコンのリモコンを片手でいじって温度を24

もっとみる

ウチらずっと戦友だよ。 |kemio『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』

お久しぶりでございます、眞野いるかです。
今日ご紹介するのは全てのページに復唱したい名言が散りばめられており、読み終わって人生頑張ろうと思えるkemio『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』です。

正直kemioのことはあまり知らないまま、タイトルを気に入って手に取ったのですが......これが大当たりでした。大事な本になったし、なんならkemioのyoutubeチャンネル登録までしちゃったよね。

もっとみる

好きを極めた人たちとの仕事-『マル秘昆虫手帳』ができるまで②-

前回の記事「マル秘昆虫手帳ができるまで」①の続きです!
7月に刊行した『丸山宗利・じゅえき太郎のマル秘昆虫手帳』の制作の裏側、編集が感じたことをお伝えします!

都会ではぐくまれた昆虫への憧れ

お盆ですね。今朝は静岡の実家で、セミの鳴き声に起こされました。杉山です。
昆虫を専門にする著者のお二人(昆虫学者丸山宗利さん・漫画家じゅえき太郎さん)は、意外にも東京生まれ。
小さい頃は、なかなか虫に出会

もっとみる

アメリカの歴史 コーラ戦争

コーラのはじまりは薬局の強壮剤です。原液を炭酸で割り、現在でいうエナジードリンク的な感じで売られていました。

ただ、そのコーラは今のエナジードリンクとは異なり、ガチで覚せい剤がはいっていました。

1903年に取り除かれたものの、そりゃあリピーターで爆発的な人気になるでしょwっていう感じです。ではなんで不思議なエナジードリンクがアメリカのドラックストアでは売られていたのでしょうか?

当時、アト

もっとみる