佐藤正午

昨年面白かった本

2018年は本を100冊ちょうど読みました。今年はもう少し沢山読めるといいな、と思っていますが、どちらかというと集中力を研ぎ澄まして、きちんとテキストを読み取り味わう読書を目指した方がいいような気もしています。

舞台「豊饒の海」を見る前に三島由紀夫『春の雪』『奔馬』を再読(『暁の寺』『天人五衰』もこれから読みたい)、舞台「メタルマクベス」disc1を見たら、あ、原作当たっておくべきだった、とdi

もっとみる
是非他の投稿も読んで下さいね!
8

前田隆弘さんとセカチュー、上田慎一郎監督と二人きり、ケジタンを観て、などの一日。#kurukeredo

※日記1日分ずつ単品で購入できますが、月700円で30日分まとめて読めるマガジンを購入したほうが断然お得です。

2018年10/12(金)2698

わ、noteの有料公開部分の一文を
旧知の前田隆弘さんが!
そして「いいね」わりと付いてる!
メルマガ時代は無断転送歓迎にしてたんですが、
noteでも同時販売している今、
どこまでOKにしたらいいか迷いますね。
こういったツイートから読者が増える

もっとみる

初対面らしい男女、『カメ止め』最終日、『寝ても覚めても』などの一日。#kurukeredo

※日記1日分ずつ単品で購入できますが、月700円で30日分まとめて読めるマガジンを購入したほうが断然お得です。

2018年9/7(金)2693

Wi-Fiをつかいたくて入った新宿の喫茶店の、
Wi-Fiが重くて不安定。
みんながいっせいにつかっているからか。
隣席では初対面らしい男女が弾んだ声で、
緊張感ある自己紹介を交わしていて胃が痛い。

きのうきょう赤坂BLITZで、
キングオブコントの

もっとみる

地元長崎の自然のなかで散歩をしながら配信設定をしているnoteラジお『この人のココがすごい!』。今回の話題は、「人気小説家のことばに対する姿勢のすごさ」についてです。

『永遠の1/2』で有名な佐藤正午さんの『鳩の撃退法』が文庫化されました。氏の書籍をはじめて読みましたが、どんどんその世界へと引き込まれて、入り込んでいきます。それら魅力的な小説を生み出す佐藤正午さんの物書きとしての姿勢や技術のすご

もっとみる
大丈夫。なるようになるさ。
46

【2017 本が好き!倶楽部 大賞 発表】みんなで10000冊読めるかな?

『本が好き!倶楽部』が、2014年から毎年facebookで開催している年間イベント、

【みんなで10000冊読めるかな?】

残念ながら2017年は久しぶりに10000冊に到達できませんでしたが、それでも読まれた冊数は…

約8000冊。

その8000冊の中から、ホンスキー(本好きのことを我々のコミュニティではこう呼ぶ)に最も人気があり、最も読まれた10冊を紹介します。

作家が選んだわけじ

もっとみる

ゲスい男 要潤演(仮) / 「鳩の襲撃法」佐藤正午著 を読んで

佐藤正午さんという人は、プラモデルを組み立てるような文章を書く人だ。全体の設計図をしっかり描いてから、細かい部品を一つ一つ丁寧に作り、それらを組み立てて全体を完成させる。

面白い。構成も凝っているし、台詞も描写も隙がない。

そして何よりこの人は捻くれている。捻くれ者の私は捻くれ者が大好きだ。

主人公は津田さんである。「愛とスープは冷めるものだ」の。「困った時頼りになるのはやっぱり女だ」の。

もっとみる