筋トレで停滞した時の打開策を3つにまとめてみた

負荷を上げる

筋トレをしていると必ず停滞するときがくる。そんな時にオススメの方法を3つ伝えよう。1つ目は負荷を上げることだ。例えば今10回が限界になる重さにセットしているなら7回をギリギリで挙げられる重量にセットする。こうするといつもと違う刺激が筋肉に伝わり、もっと筋肉をつけなきゃヤバイと体が反応する。その原理を応用しよう。そして7回が簡単になってきたら思い切って3回が限界になるようにセットする

もっとみる

まっさらな状態からのnote

今日は、いつもより早い時間にキーボードに向かっている。

いつもは、だいたいこの時間以降、お風呂タイムに「あ、これでいってみようかな。。。」と思うことが出てくる。。で、続けて、2つ、3つ、とネタにしたいな!と思うものが出てくる。

忘れないうちにっっっ、と急いで、キーボードに向かうが、なぜか1つしか出てこない。。。

これが毎日続いている。言葉が溢れてくる感覚、でもキーボードに向かった途端に、記憶

もっとみる

相も変わらずな、思考停止の日々・・・

とりあえず、noteを続けることにしました。

継続は力なりと昔から言いますので、やってみますね。

noteにしろ、もう一つのブログであるアメブロにせよ、

カメラマンとしては、撮影した画像がある時に、

ブログを書いていました。

順当に撮影が出来ていれば、問題ないのですが、

今月のように撮影が滞ると、ブログの更新も滞ってしまいます。

それじゃ、撮影外に記事をかけばいいじゃないかと言われる

もっとみる
こちらもフォロー致しますので、フォローもお願いします!
6

テーマ探しに苦戦しています。書くことが見つからない(悩み)

noteを始めてみて、何だかんだで一か月は過ぎようとしています。

ブログと同じと思って書いてはいるのですが、

なかなか書きたいテーマが思い浮かびません。

もう一つのブログ(アメブロ)では、

撮影した画像を中心にアップしているのですが、

最近撮影していないので、そちらも停滞中です。

やはり、何か載せたいことがないと書く手が進まないというのは、

書き手には向いていないのかもしれません。

もっとみる

スランプと停滞期

えっと、最近ですね、
地味に苦しんでるわけです。
写真にしろ、バドミントンにしろ。

Wordpressをやっていてですね、
余りに色々な部分を削った為、
元に戻すのが大変になってしまって…
昨夜、うぅぅぅぅ・・・ってなってました。

器用ではなくて、文章の読解力と
二つ以上を組みわせて考える事が
以外に出来てなかったりして、
勿体ない事してんだな、って
この年齢になって気付いた。

そして、あぁ

もっとみる

ほんのひととき暮らし族的ダイエット ちょっとした工夫で6キロ減~7月の結果は?まさかの停滞?番外編 ~

アーユーボーワン、たけまるです。
少しづつ、少しづつ減ってきていた体重でしたが、
7月20日の66.80㎏から、この31日までの約10日間、0.5㎏前後をうろうろするにとどまり、ほぼ変動しませんでした。

これは女性特有のホルモンバランスの関係でのことなので、
仕方がないことなので、いつも通りに過ごしていました。

体重が減らないからと食事を減らしたりすることなく、
白ごはんは1日に200g(おに

もっとみる

この先どう生きて行こうか?成長しなければ、賢くならなければ、今よりよりよく生きていかなければ。常に「今以上」を目指しもがくのにも疲れてきた。今のままでなんでダメなんだろう。停滞する、ここにとどまることの恐怖。だねきっと。ぼちぼちいったらええやんか。

整骨院の先生と停滞期について話たよって話

こんばんは!

Clotho江古田・muimi東久留米のイシカワコウイチです(Twitter・Instagram)

最近パソコンとスマホの使いすぎで首と肩がムッチャ痛いので整骨院に通っています。
整骨院の先生がまた素敵な方で、先生のお話がとても面白かったので今日はそんなお話をしたいと思います。

ちなみにお世話になるのは今日で3回目でした。

『イシカワさん、その後調子はどうですか?』

『お陰

もっとみる

人間の脳は都合よくできている

人間の脳は都合の悪いことはすぐに忘れてしまうという話。

パーソナルトレーニングは、毎週水曜日と日曜日に30分だけ行っています。

パーソナルトレーニングで得た学びに関しては、いつもまとまった時間がとりやすい日曜日にアウトプットしているのですが、先日のトレーニングで得た気付きをどうしても書いておきたかったので、今日はそのアウトプットを。

note上ではこのアウトプットを書くとき、「筋トレ」とか「

もっとみる

待つ

自然体で居ることができれば
辛くなったりしないはずなのに

生きなければいけない

朝を迎えることを義務のように感じる自分がいる

あの時のように
生きることは当たり前のことで
毎日に集中できていた自分を取り戻したい

だけど
重くなってしまうのには
きっとそれだけの理由がある

すぐに立ち上がれない時だってある
楽しむ気力も起こらなくて
寝てしまうばかりの時だってきっとある

今は多分しようが

もっとみる