内部留保

企業の内部留保を投資に回す環境を整えるための税制とは。内部留保は「取り崩せる」のか?

今年末までに来年度の税制をどう変えるかを決める議論が始まった。今年の議論で、1つの焦点になろうとしているのが、企業の内部留保を投資に回す環境を整えるための税制であるという。

その背景には、最近20年間、日本の企業が内部留保を増やしてきたという経緯がある。日本の民間企業は内部留保を増やしてばかりで、従業員給与を増やさないとか、設備投資を増やさないとかという批判につながっている。

では、そもそも内

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
10

労働力不足、低所得者層、企業内部留保、を合わせて考えたら、僕ら庶民に見えるのは高齢者の再雇用促進や法人税の減額や外国人労働者を増やすこと…ではない、って明らかなんだけどねえ。

妥当な給与で働きたい人が働けなくて、悪い待遇でも働かせられる人ばかりを雇用したがる企業…の問題よね。

わ~い!\(^o^)/

内部留保を賃金に回せ、の逆は、内部損失の赤字経営の企業へは賃金上昇を要求できないのか?つまり、内部留保を賃金に回せとはいかにもな嘘である

内部留保を賃金に回せ、というのは一見、正義に見える。だが、その主張は、状況主義的に、つまり場当たり的に、反原理主義的に、日和見的に物事をいつも解釈する日本人ならではの思考の産物である。内部留保を賃金に回せ、確かにそうだろう。だったら、内部損失が膨大な場合は賃金下げろという要求になるのか?
賃金は我々、労働者の生活を安定にするための価値であるから、企業の利益ごときの動向に左右されてはいけない。赤字経

もっとみる

日本企業の手元現金、安倍首相が減らすと公言してから3倍に

"最新の届け出に基づく日本の上場企業の手元現金は506兆4000億円と、ブルームバーグのデータによれば過去最高。安倍晋三首相が企業の現金保有を減らすと公約し第2次政権を発足させた数カ月後の2013年3月に比べ、3倍余りに膨らんでいる。"

[引用元]日本企業の手元現金が過去最高-大半の国のGDP上回る506兆円超

#アベノミクス #内部留保

内部留保と現金預金

財務省が9月2日に法人企業統計調査の平成30年度年次別調査を公表しました。

これを受けて、企業の内部留保が7年最大で過去最大になったことに着目とした報道がされています。(なお、各報道では、法人企業統計のうち、金融・保険除く全業種のデータを引用しています。)

「内部留保、7年連続で過去最大 18年度の法人企業統計」
(日本経済新聞)
「内部留保 最高更新 大企業18年度449兆円 優遇策で毎年増

もっとみる
当たり!
6

最高の自分を創るためにやっちゃいけない事とは

広島市はいたるところで、夏祭りですね。
微笑です。

このブログは、

・最高の自分になりたい。

・自分の役割を明らかにして、それを人のために役立てたい。

・サンタクロースのように与える側に行きたい。与えたい。

あなたが幸せを感じられる、掴めるように書き出していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

知識と貯金は、回さないと意味が無い。

元真面目な微笑もやっていたのが、

もっとみる
スキこそモノの上手なれ

国家財政と家計簿と自治体財政の違い

少し前にニューズウィークでMMTの特集がありました。

特集:日本人が知るべきMMT 2019年7月23日号(7/17発売)
https://www.newsweekjapan.jp/magazine/243906.php

MMTについては以前、個人的にも取り上げましたが、

有名どころの経済学者や金融界の重要人物の間でも意見が両極端に分かれていて、素人からしたら「経済学内で意見まとめてから出し

もっとみる
ありがとうございます!
4

参院選投票日

#心不全 でしばらく #入院 していましたが、この日のために外出を目指していたこともあり仮出所がかない無事 #参院選#投票 することができました。

#退院 まで応援してくれた家族に感謝申し上げます。

小林節先生の応援動画

病弱になったこともあり自分が楽しく生きることよりも亡くなってからの未来を考えてしまい、いままでとは違う視点で世の中を見るようになってしまった感じはします。

主な論

もっとみる
2

富むとは何か〜内部留保も交えて〜

「富む」とは何か。

「豊かさ」とは何か。

またその源泉は何か。

皆さんは考えた事があるだろうか。

1000万円以上の賃金を得る事だろうか。はたまたベンツを乗りまわす事だろうか。もしくは貧困層から脱出することかもしれない。

このノートでは「富む」こと、そしてその源泉について、実際の企業や国家を例に出し、述べていこうと思う。

また「お金とは何か、その本質と歴史について」は別のノートにまとめ

もっとみる

なぜ、賃上げをしても個人消費は伸びないのか~コストプッシュインフレへの懸念

景気を良くして個人消費を増やすために、労働者の賃金を上げろという人は多い。

  しかしそうなると、企業は人件費のコストが上がって、それが商品価格に反映され値上げになるのである。

  賃上げは結果的にコストプッシュインフレに繋がるのも事実で、確かに消費税や所得税などは増収になるが個人消費が必ずしも増えるわけでもない。

   しかも、賃上げしても個人消費が冷え込む可能性もあり、そうなると単に企業

もっとみる