劇映画

新作のギア、上がりつつあります。

紆余曲折ありすぎるぐらいにあった二作目の映画で学んだことは、さまざまなアンテナを張りながら少しずつ前進し、そうして気が熟すタイミングにGOしないと、その作品も関わる人も、本当の意味では幸せにならない、ということ。

ゆっくりゆっくりと進んでいる僕の新作(三作目、劇映画)ですが、先日の脚本打ち合わせも手応えを感じたし、良いものにできそうです。
脚本をバージョンアップさせるには、自分自身をバージョンア

もっとみる