ゲーム依存症予備軍である彼の話。現代社会の中のゲームの位置づけ

気づけば8月も後半に入り、夏休みが終わろうとしている。

最近の子どもの夏休み事情はわからないが、我が家の長男(小6)が通う小学校は今年GWの影響もあってか夏休みが短くなり始業式が早まっている。

例にもれず宿題に追われている長男だが、たぶん同級生よりはマシなほうだろうと思っている。お世辞にも計画的とは言えないが、夏休み中も最低限の勉強はしていたようだ。しかしそれはゲームのためである。

我が家の

もっとみる
スキありがとうございます!また来てくれると嬉しいです
2

ある年頃カナダ男子

ある当時20代後半のカナダ生まれカナダ育ち男性の話がとても興味深かった。

彼は高卒後、地元の州を出て単純労働の同じ職場で10年勤続しています。ある意味、ほんとの意味で真面目で勤勉なカナディアンです。職場のある地域では10年もいるのに特に友達や彼女もいない、けど、女性に興味はあるっぽい。

そんな彼も一度、仕事で大きめバンを運転中、後ろから酔っ払いが追突してきて助けようとしたら足が挟まっていて

もっとみる

麻薬とは

世界で医療大麻が見直されている。

麻薬と聞いて何を想像するだろうが。
ドラッグ?違法?もしくは大麻?と人は言う。

私は別に違法薬物促進派でもないし、大麻愛好家でもない。
スマートに考えてこの問題を知る事。

これがこの記事”麻薬とは”の根本になる。

麻薬とは

麻薬と聞くが名前由来ははっきりしていない。
が、確実なのは時の政府が定義してつけた。これが多くの間違えを呼び起こす原因と思う。
単純

もっとみる

「女性でもいいんじゃない?」って言われたけど。

先日、悩みを聞いてほしいと連絡があり、友人の相談を受けました。ご夫婦の問題でかなり深刻な内容でした。

詳しい内容は書きませんが、焦点としては「寂しさ」をどう乗り越えたらいいのかといった感じです。

これは私も難題だと思うので良いアドバイスなんてできるはずはないんですよね。フォロワーさんなら「椿じゃちょっと無理だろ」って分かってくださると思いますが、「寂しさ」を完全には乗り越えてなんていないですか

もっとみる

私たちは大丈夫である

スピリチュアルな分野で、「選択はない」「全ては決まっている(定まっている)」というような説明があります。

それは、ある意味では真実を述べている言葉ではあるのかもしれませんが、言葉足らずでもあるように感じます。

もしその言葉を、「この私(自我)」や「この現実」が確固とした事実であると信じてしまっている心(状態)で聞いてしまうと、混乱(苦しみ)の元ともなってしまう気がしています。

それを、否定的

もっとみる

なんかさぁ、、アップした写真を〝みんなのフォトギャラリー〟で使ってもらえるようにしているんだけど、幾つか悩ましく思うんだよねぇ。

1つは有料の記事に使用されているのに、無償で提供するカタチになっている点。1つは誰かを傷つけたり損害を与えてしまいかねない記事に使用されている点。

目的と見やすさ

歴代総理大臣と出身県

④線(edge)と言葉(label)をとったらドットのデザインができた
 このデザインだけで歴代総理大臣と出身県表していること
 わかる人がいたらすごいと思う。

③文字が重ならないように調整

②一目でどこの出身県が多いかがわかる

①どこの地方、出身県か詳しくわかる

もっとみる

できないこと

できごとに直接関われず行動を起こしたくても難しいこと💡

そんなことが近頃あって気になっている👀

ブログを書きながら何か方法ないかな?

自分に問いかけているような気がする💡

書いているうちにできることはあるかもしれないとアイディアが幾つか出てくる☀️

問題を「できないフィルター」に通すとアイディアは出にくい🙇🏽

出来ることからとにかく始めてみること‼️

できないと思っていたこ

もっとみる

蜘蛛の糸マン

日本人の思考が自走しない ていうことが問題で

教育の見直しが言われていたりする

するんだよ 一部で言われていて 確かにそうだなーって思う

考えてみると 教育が足りないんじゃなくて

既存の教育が邪魔していると思ったんだ

なにがって説明が複雑そうだけど

例えば環境について考えましょう って良いことだと思うけど

考えるためのツールがなくて

上から降ってくる話に蜘蛛の糸になってる

「考え

もっとみる

観察と自覚と潜在意識

観察。

人のやることはよく見える。客観的に見える。だから、あーでもない、こーでもないと、たくさんの注文をつけることもできる。

では、自分はどうなのか?

人にあーでもない、こーでもないと、たくさんの注文をつけている人ほど、自分自身に対して盲目のようである。

であるから、人に注文をつけるくらいの目で自分を客観視することができたら、人生を変えるきっかけを見つけることができるだろう。

自分を観察

もっとみる