リハビリテーション病院新入社員研修「自分らしく活き活き生きるファーストステップ」案作成(3月23日朝4時30分から8時)

いま自分が入院しているリハビリテーション病院の新入社員研修の講師をすることになった。私はそういう仕事をしているので、脳内出血の影響を抑えて、復帰できるように、リハビリをしているのだが、実践型のトレーニングを大切にされている病院で、このような機会を提供してくださいました。

3月23日朝4時30分から8時までの間に、自分がイメージしていた新入社員研修のイメージが降りてきた。患者として ハビリテーショ

もっとみる

大事なのは改定の点数じゃなくて、行動だ!!いい加減気づけよ!

2018年の診療報酬、介護報酬、障害福祉領域の報酬のトリプル改定に注目している関係者は多くいるでしょう。

このコラムを書いている2018年1月8日時点で、それぞれの改定の方向性は具体的に示されています。あとは点数とか規定とか要件みたいなものの調整の時期になってきています。

2016年の診療報酬改定

2015年の介護報酬の改定

この二つの改定からものすごく大事なことに気づかされています。

もっとみる

領域連携で地域のリハビリテーションは確実にレベルアップする

発達障害の子供さんへのかかわり方は、大人の高次脳機能障害や認知症の関わり方へのヒントが多い。

小児領域のグループでの関わりは高齢者の集団の関わりのヒントになる。

障害者福祉領域の報酬改定と介護報酬の改定はリンクしているので、それぞれのノウハウを共有すべき

まあ、多領域のノウハウの共有の例を挙げればきりはない。

だけどリハビリテーション専門職といわれている、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

もっとみる

【リハビリ】地域で働くリハビリ専門職が、病院リハビリを変えるためのすべきこと

このコラムは

病院と地域のリハビリテーション専門職の接点と連携が求められている

というブログの続編ですので、そちらも併せてお読みいただければ幸いです。

ブログにも書きましたが、これからの病院と地域のリハビリテーションの連携で必要なことは、単なるサマリーによる情報交換ではありません。

患者さんの側から見れば、

これからの生活のために必要なリハビリテーションの進め方に必要な情報交換

なわけ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2

地域へのスタート地点として回復期リハビリのスタッフがすべきこと「その2」

「その1」はこちらです。

「その1」では回復期リハビリテーション病棟でよりリアルで具体的な目標を設定するためにすべきとを書いた。

では、なぜそのような取り組みが必要なのかということをもう少し書いてみる。

すべては前回のコラムにも書いたが、平成16年に厚労省から指摘されている文書から始まっている。

厚労省の指摘からの抜粋(PDF)が開きます。

ここに提案されていることはすべて、平成16年に

もっとみる

地域へのスタート地点として回復期リハビリのスタッフがすべきこと「その1」

時代とともにリハビリテーションは変化して時代にマッチしてきているのかな?

平成16年に取りまとめられた一つの資料がある。

当時も作業療法士として働いていた僕にとってかなり衝撃だったこの資料。この資料がまとめられてから、10年以上が経過しているわけだけど、書かれている内容は今でも通用する。

いまでもここで指摘されていることと同じ課題はまだ残っている。そのことは僕のブログでも書いた。

厚労省か

もっとみる

訪問リハビリ 「ステーションからの訪問」と「病院からの訪問」 どっちがどうなん?

2016年度の診療報酬改定で、病院や診療所からの訪問リハビリテーションは増加すると予測しています。大規模な病院さんは訪問看護ステーションを展開することを予測しています。じゃあ、リハビリテーション専門職種はどっちの方がいいのかとか、リハビリ系訪問看護ステーションはどうすべきなのかってことを書いてみた。

回復期7単位以上制限の影響

2016年の診療報酬改定では回復期リハビリテーション病棟におけるリ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
7

回復期リハに勤務する1年目~3年目くらいのセラピストに知っておいてほしいこと

2016年2月にこれを書いています。10年前もそうでしたが、今でも新卒セラピストは就職先に病院を選ぶ傾向が非常に強いようですね。病院で働く方ががセラピストとして成長できるって考えているんだろうね。

だけどね普通に働いているセラピストの場合、病院で働いていると病院でのことしか学べない。病院以外の出来事を学ぶ機会はものすごく少なくなる。そのことはきちんと理解しておいてほしい。

【目次】
・病院の異

もっとみる

リハビリ病院勤務のスタッフに知ってほしい介護保険の超基本!

病院に入院している患者さんに対して、介護保険のことを伝えたりオリエンテーションしているのは誰ですか?

看護師?リハスタッフ?相談員?地域医療連携室?

誰がしてるのかな?

ルールの決まっていない病院もあるでしょうね。だけどそれで困るのは入院患者さんです。いい加減なオリエンテーションされたら困るんですよ。

だからこれだけは知っておいてほしいってことを書いてみた。

【目次】
介護保険の基本

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4