北欧の地で、教育・福祉・難民問題に触れる。フィンランドより現地レポート④★

こんにちは!NICE関西事務局よりしまです◎
現在、北欧・フィンランドで開催されている神戸大学の学生たちとのグループワークキャンプの様子をお届けします!

【グループワークキャンプ in フィンランド🇫🇮④】

※この記事の写真は許可を得て使用しています。

ワークキャンプも折り返しに差し掛かってきた今日は、主にソマリアからの難民の方が受講している複数のクラスにて、学生たちがプレゼンを行いまし

もっとみる

北欧の地で、教育・福祉・難民問題に触れる。フィンランドより現地レポート③★

こんにちは!NICE関西事務局よりしまです◎
現在、北欧・フィンランドで開催されている神戸大学の学生たちとのグループワークキャンプの様子をお届けします!

【グループワークキャンプ in フィンランド🇫🇮 ③】

◆滞在拠点である非政治・非宗教機関IKKOでの、教職に関する授業にて学生メンバーが教育に関するプレゼンを実施しました。

日本とフィンランドでの教育システムを比較するだけでも、1クラ

もっとみる

北欧の地で、教育・福祉・難民問題に触れる。フィンランドより現地レポート②★

こんにちは!NICE関西事務局よりしまです◎
現在、北欧・フィンランドで開催されている神戸大学の学生たちとのグループワークキャンプの様子をお届けします!

【グループワークキャンプ in フィンランド🇫🇮 ②】

Punkaharju地域の学校訪問に向けて、生徒たちとの交流に活かせるゲームや日本文化紹介のアイテムづくりなど、クラフトづくりに取り組んだ一日でした。

昔ながらの機織り機でのクラフ

もっとみる

北欧の地で、教育・福祉・難民問題に触れる。フィンランドより現地レポート★

こんにちは!NICE関西事務局よりしまです◎
現在、北欧・フィンランドで開催されている神戸大学の学生たちとのグループワークキャンプの様子をお届けします!

【グループワークキャンプ in フィンランド🇫🇮①】

神戸大学の学生15名による、グループワークキャンプがスタート!

ヘルシンキ空港から鉄道を乗り継ぎ、約4時間。
フィンランド北東部・Punkaharjuに到着。

国内外の人々に教育の

もっとみる

国際ボランティア体験記~集団生活編~

こんばんは。

ここ数日はありがたいことにゆとりのあるスケジュールで,記事を書く時間も十分に取ることができ,有意義に過ごせております。(^▽^)/

なので,今日も投稿しますよ~

今回は,国際ボランティア体験記の集団生活編です。

以前の記事でもご紹介しましたが,私が参加したボランティアでは2週間小さな平屋建ての一軒家に国籍がバラバラの8人が共同生活をしました。

私は30代のロシア人の方と相部

もっとみる

国際ボランティア体験記~英語編~

こんばんは。

今日も昨日に引き続き,国際ボランティアの話題です。今回は英語編と題し,これまで英語をほぼ読み書きでしか勉強しかしてこなかった私が英語で意思疎通することの苦悩や気づいたことを中心に綴っていきたいと思います。

ボランティア中の公用語は基本英語ですが,参加した8人中,一番英語に苦戦していたのは圧倒的に私含めた日本人3人でした。。。

きっと母語が日本語よりも文法的に英語と似ていて英語を

もっとみる

国際ボランティア体験記 ~料理編~

千葉では台風の被害がまだ続いているようですね。先日の記事で取り上げましたが,私が国際ボランティアとして活動していたのは千葉県南部で,ちょうど今まさに停電が深刻な地域です。

私がボランティアを終えて地元に戻った直後に起きた台風でしたので,私は何もすることができず,とてももどかしいです。

今は,たくさんの貴重な経験をさせていただいた鴨川市をはじめ,被害を受けている地域が1日でも早く復旧することを願

もっとみる

国際ボランティア体験記

久々の投稿になります。

9月になっても,暑いですね😵💦くれぐれも熱中症には注意しなければなりませんね。最近は台風もあって..千葉は停電にもなっているそうですね。第2の故郷のように心配になります。地元の方々,本当に大変な中だと思いますが,二次災害などにお気をつけください..!

というのも,つい先日までしばらく千葉にいたもので..。

そう,実は私,8月末から9月初めまでの2週間,千葉県鴨川市

もっとみる

スラム in Philippine vol,2

こんばんは!

前回も触れた通り、スラムとは仕事を求めて来た人達が集まって出来る所なので、ほとんどの場合市街地に近いところに位置します。

また、利便性の観点から水のある川沿いや海沿いにも位置します。

しかし、フィリピン政府はスラムを減らす政策(ただ強制退去を命じるだけで根本的な貧困は解決しない…)を打ち出しており、強制退去を命じられた人達は土地の多くある山岳地帯に移住せざるを得ません。

今日

もっとみる

初めてだらけ。戸惑い?それとも?

私はアフリカに対してどんなイメージを持っていたんだろうか。貧しくて困っている?食べ物がなくて困っている?プリミティブな生活をしている?自分の先入観、ありすぎて吐き気がした。

タンザニアについて、初めに思ったこと。

「普通に栄えてるじゃん。」

きっと自分にまだ先入観があるだろうとは思っていた。だけどここまでとは。

舗装された広い道路。5階建以上の高い建物。ビル街。車とバイクと牛と羊と人が混在

もっとみる