小説のリアリティー1 艦隊と旗艦

小説を書く以上、リアリティーは、なければいけません。どれほどのリアリティーが必要なのかは、その小説にもよります。荒唐無稽さを売りにするものもありますから。書きたいものごとにバランスを考えなければなりません。
知らないことは取材をしなければならないわけですが、これがたいへんだったり楽しかったりもします。今まで知らなかった知識が入ってくるのは、なかなかいいものです。
夢を壊されることもあります。わたし

もっとみる

旭区誕生50周年記念事業認定を受けてはいますが

ちゃんと事業認定を受けてはいますがHPではまったく紹介がされていません。

法律で定められた税金をきちんと納入しているのにこの扱われ方の差はなんなのでしょうか

区からの後援も受けているのに行政の対応が雑で残念です。

#横浜 #横浜市 #キャンドルナイト #大和 #二俣川
#キャンドルの灯る #カラオケバー #ogawa #未来が明るくなりますように
#キャンドルイベント  #エコキャンドル #

もっとみる

旭エコキャンドルナイト実行委員会が旭区から後援

OGAWAではエコキャンドルを灯しています。

#エコキャンドル は飲食店からでる廃油を再生したものをつかっています。OGAWAも組合員となっている旭料飲喫茶事業組合でもその廃油の提供に協力させていただいています。

エコキャンドルは #キャンドルナイト イベントでも活用されており、
多くのイベントでも灯させていただいています。

12/15,16 #光のぷろむなぁど はまさにそうです。
#南太田

もっとみる

奈良の都の七大寺 / Seven Great Temples of Nara

「ならあそび」の第5作目は、「奈良の都の七大寺」と題し、南都七大寺がテーマです。

南都七大寺は、平城京の時代にとても影響力の大きかった7つの寺院のことです。

東大寺や興福寺はとても有名ですが、7つ全ての寺院とその宗派、成り立ちまではあまり知られていないのではないかと思います。

今回は、個々のお寺の詳細というよりも、平城京という巨大な都市計画とお寺との関係や、現在のまちなかでは実感しにくい当時

もっとみる

都心直通までもうすぐ半年に!

初めまして。

最初の投稿になります。

1回目は、地元の電車について書きたいと思います。

私の地元には相模鉄道というのが走っていて、
みんな相鉄線と昔から呼んでいます。

軽く説明をすると横浜駅を起点に、サービスエリアでも有名な海老名と
慶応大学の湘南校舎などがある湘南台まで走っている路線。

路線距離も短く、神奈川県内でも知らない人がいることも多い路線です。

因みに路線の中間地点にある二俣

もっとみる

令和の目覚め!ポエム 端緒 vol.5

そっと目を閉じてみる

暗闇の海

変化

ショック

感じる

絶望
苦しみ、痛み、慶び・・

不可能

究極は出会いが不可能

面白くない、面白くない!!

決めつけたい、決めつけたい、
決めつけたい、決めつけたい、決めつけたい

好きになりたい!好きになりたい!
愛したい!!
のに愛せない!!!
出会いたいのに!!出会えない!

究極の地獄の先に究極の意志、
思い込み。

その意志が集まって

もっとみる

令和の目覚め!ポエム~大和の心~ vol.4

ポエム
令和の確信

間と出会った人間は何をすべきか?

日本と出会った人間は何をすべきか?

泣かなければならない、
泣かなければならない

日本の涙と1つになった。

先人は偉人は、

とれだけの勝負をして
どれだけの涙を流したか。

泣かなければならない

泣かなければならない

日本というパンドラの箱を開けるときがようやくきた!

令和の目覚め!ポエム 大和魂よ!震えろ!vol.3

震えろ!!!

震えろ!!!

叫べ!!!

泣け!!

どれだけ

周りに

環境に

時代に

あきらめ、

挫折し

絶望し

もう立ち上がらない!!

と強烈な決断をしたか!

もう2度と!!

熱くなるもんか!

迷惑かけるもんか!

邪魔するもんか!!

ずっと

ずっと

ずっと

ふさぎこんで

決め込んだ

自分の人生なんて生きない!!

生きれるはずがない!

という強烈な諦め

もっとみる

伝統のやまと野菜 / Traditional Yamato Vegetables

「ならあそび」の第4作目は、「大和野菜」です。

京野菜と同様に、奈良にも地域の文化や歴史を継承する伝統的な野菜がたくさんあります。それを「大和野菜」といいます。

「大和野菜」には、「大和の伝統野菜」と「大和のこだわり野菜」があります。正直、初めて知りました。。。今回は特に歴史的・文化的特色が強い「大和の伝統野菜」について調べてまとめました。

調べてみると、奈良の人の暮らしや風土が野菜からたく

もっとみる