アナログ音響機器修復士さんのお話No.2

おはようございます!大山崎はぐです。

昨日は雨も上がり、お花見にお出かけになった方も多いんじゃないでしょうか。

今日もお天気は良さそうですね。僕たちも近くでお花見をしてきます。

では、今日も今月発行したVol.11から記事をご紹介♪

オンリーなお店を大山崎でひらく人たちに興味津々シリーズ

『アナログ音響機器の修復ーKazz‐Jin』さんの最終話です。

Kazz‐Jinさんの工房にお邪

もっとみる

カッパのいる池と案内人タムさん

こんにちは!大山崎はぐです。
1年前のことだったかな。
天王山山頂近くに池があると聞いて
探しに行ったんです。

天王山はご存知ですよね?
天下分け目の戦いがあった場所ですよ。
関ケ原の戦いじゃなくて、
明智光秀と羽柴(豊臣)秀吉が戦った
山崎の戦ですからね。

2011年に掲載した『大山崎・歴史の時間ですー山崎の合戦ー』

で話を戻しますね。
天王山は標高270mの低い山で、うちの事務所から登っ

もっとみる

今月も長かったような短かったような。『大山崎ツム・グ・ハグ』vol.11
今日発行(^^)/ 鉄道ジオラマとオーディオ機器修復士は最終回などなど また、記事をアップしていきます(^^)/
http://o-little-place.blog.jp/archives/15575403.html

ツムグちゃん赤い街にて

大山崎ってどこ?Chi*puiさんと出会って、彼女のつくるミニコミ誌「大山崎ツム・グ・ハグ」(大山崎リトルプレイス)の大山崎がどこにあるか調べた覚えがある。

ミニコミ誌の名前は「ツム・グ・ハグ」。大山崎は「紡ぐ+Hug」のような包容力ある土地であるらしい。加えてChi*puiさんのイラストがなんだかわくわくする。そう思って興味深く画面を可能な限りズームアップして読んでいた。

ミニコミ誌に登場す

もっとみる

リチャード・ジノリの歴史 『第3の壺―温故創新(古きを温め新しきを創る)―』

こんにちは。大山崎はぐです。

久しぶりに大山崎ツム・グ・ハグに登場の
『ル・ノーブル亭主の徒然なるままに』は
舞台をイタリア・フィレンツェに移し、連載開始です。

『マイセン』の時は、ドイツ・ドレスデン、
『ウィーン磁器工房アウガルテン』の時は、オーストリア・ウィーン、
そして今回『リチャード・ジノリ』はイタリア・フィレンツェ。

「あー、飛んでいきたーい」と毎回叫ぶ僕たち。

これからもどん

もっとみる

今日は節分じゃないですか!!!昨日まで覚えてたのに。
『はぐ君とこよみ暮らし』と『絵本とひといき 今月の1冊―ふくはうち おにもうち―』
http://o-little-place.blog.jp/archives/13151056.html

2016年もあとわずか。今年後半、noteのアップの方は遠のいてしまい、自分の手際の悪さや余裕のなさにトホホでしたが、みなさんの記事や作品は楽しみました。来年は再び書き綴りたいと思います。よいお年をおむかえください。ブログにて年末ご挨拶http://o-little-place.blog.jp/archives/11250553.html

「陸に浮かぶ軍艦みたい」な昭和レトロ建築

こんばんは!大山崎ハグです。

Chi*puiさんが久しぶりにレトロ建築のぷちガイドをしました。

5年ほど前に『大山崎ツム・グ・ハグ』で、

気になる昭和のレトロ建築をいくつか紹介、連載したんですが

今回ガイドしたのは、その連載の一番最初に登場した建物です。

そのことがきっかけで、京都のまち歩きツアー

「京都まいまい」のガイドもしたchi*puiさんですが

やってみると、自分が思っていた

もっとみる