赤ちゃんより、彼の方が可愛い。にならないのかな。

こんにちは。Tomokoです。

日本のママって本当に親らしいよね。と思う。

いつからあんなに立派な親になるんだろう。子供を産んだ瞬間から芽生えてくるものなのかな。と想像してみた。

子供を産んだら彼の事なんてどうでも良くなるとか言うじゃない?

それ本当なの?

親らしく、そう思わなきゃいけないんじゃなくて?本当に思うのかな。

そう思えるならいいけど、絶対に私はあり得ないなと思う。

きっと

もっとみる

命の教育

妊娠するたび、
生理がくるたび、
命のお話をしている我が家。

今お腹にいる赤ちゃんが

どれくらいの大きさで

どんな形で

どんなふうに成長しているのかみんなで想像力を膨らませるために

図書館で
あなたが生まれるまで
という本を借りてきました。

うちの子供たちにはことある度に
何度も何度も話している内容だけど
(しかもお産もみているので
長女はかなり詳しい)

一番盛り上がるページは

もっとみる

自分の使命は?

実は3月の春分の日に

神社に定期的にお参りに行くと

継続力もついて願いも叶いやすい

という話を聞いて

2週間に一回、神社にお参りすることにしました。

そこでわたしは

わたしは世のため人のために全力を尽くします、どうかわたしが世界に求められている仕事を与えてください

わたしは今世の使命を果たします、どうかご縁を繋いでください

などと毎回お願いしていたのです。

そうしたらついに、どど

もっとみる

「マイナス1歳の命との向き合い方」産婦人科医・林伸彦さん(前編)

ミイナ:
Dooo!!司会の堀口ミイナです。早速本日のゲストをご紹介します。産婦人科医でNPO「親子の未来を支える会」代表理事の林伸彦さんです。よろしくお願いします。

Dooo!!今回のテーマは“マイナス1歳の命と向き合う”。

マイナス1歳、それはまだ生まれてくる前のお母さんのお腹の中にいる赤ちゃんの事。今回のゲスト林伸彦さんは産婦人科医として年間百人のお腹の赤ちゃんや妊婦さんと向き合っていま

もっとみる

朝、マタニティーマークをバッグにつけてチャリで爆走してる女性を見た。ものすごいスピードで脚めっちゃ動かして。めちゃくちゃ心配になったけど大丈夫かなー。と見ず知らずの他人さまによけいな心配大きなお世話。遅刻してたのかもしれないけど、遅刻するよりもっとケアすべきなのはその身体。。。

【妊娠糖尿病】油断大敵。

先週、今週とイレギュラーで夫の不在が続いている。会社を空ける時間が増えて、物理的に時間がないので仕事が片付かず、移動も多くてだいぶ疲れている。
家に帰ってきて「おなか空いた〜」とカレーをもりもり食べてくれた日はそれだけで嬉しかった。

一人で過ごす夜は寂しくて苦手だったけれど、妊娠してからは「一人じゃない」と思えて、留守番も苦ではない。

昨日は久しぶりの糖尿内科。

採血・採尿共に大きな問題なし

もっとみる

0718/(*)←これなんだ

妊婦糖尿病について、先生から説明が乏しい(そりゃ産科の先生だから仕方がないのだが)ことによって不安になった私、とにかく、情報を集めることに。
よくよくまわりにヒアリングをかけていくと、妊婦糖尿病になってる人、結構いる!(8人に1人くらいなるとのことで会社の先輩ママさんにも2〜3人いるようだ)ということで、だんだん安心して「どっからでもかかってこーい」みたいな気持ちとなってまいりました。(単純)

もっとみる

働きながらの妊婦生活で思ったこと。〜マタニティマークについて〜

娠していることがわかったのは昨年末。年明けすぐに産婦人科に行き妊娠8週であることが確定しました。

そのときの感情や状況についてはまた改めてまとめるとして、SNSやニュース系アプリでもよく見かける(議論になっている)マタニティマークについて、私も自分の考えを書いてみることにします。

**************************

<そもそもマタニティマークとは?>

厚生労働省のWEBサ

もっとみる

母性とはどこからくるのか

私も今や一児の母になりました。

昔の私を知っている友人からしてみると「こねぴぃが母親やってるなんて信じられない」と言われることが多いです。

というか、「マジかよ、向いてねえよ」って言われるのが怖くて、いまだに私がママ業していることを打ち明けられていない人もたくさんいるんです。

かくいう私は、妊娠してから、20時間におよぶ陣痛を経て、子供の顔をみるまで、「本当に私の腹に子供がいるのか」が信じら

もっとみる

小さなお産 その後

5月末にこんな文章を書きました。

小さなお産のこと

あれから1ヶ月後、小さなたまご(胎嚢)は自然にでてきて、私の小さなお産はおわりました。

なんという経験だったんだろう…。

妊娠がわかってから、最後の検診を終えるまで、ほんの2ヶ月。

GWが随分前のことに感じる。

小さくても、陣痛がちゃんとあるなんて知らなかった。

人間もたまごから生まれるなんて知らなかった。

悲しいこととばかり思っ

もっとみる