学会スライド

学会スライドを考える その3

MacにはKeynoteという素晴らしいプレゼンテーションソフトが用意されている。このソフトは、PowerPointとは比べものにならないほど使いやすいため、学会スライドの作成に使用しているという医師も少なからずいるのではないだろうか。

しかしながら、ほとんどの学会は、いまだにスライドの発表形式をPowerPointに限定している。そこで、二度とパワポなんかでスライドを作りたくないというMacユ

もっとみる

学会スライドを考える その2

学会や講演会では様々なデザインのスライドにお目にかかれる。そのほとんどがPowerPointで作成されているが、中にはこれは・・・というものも少なくない。今回は、その中でも特によく見かける残念な見本をいくつか紹介したいと思う。

①背景
スライドの背景はシンプルなものに限る。よくワンポイントの模様がはいった背景が使用されているが、たいていの場合、文字や写真が無造作にその模様に重なっていてとても見苦

もっとみる

学会スライドを考える その1

学会スライドといえば、一昔前まではポジフィルムで作成したものを映写機を使って映し出す方法が一般的であった。そのため、発表で使用できるスライドの枚数にも制限があったため、1枚のスライドに多くの情報をつめこむ必要があった。

例えば、患者プロフィールのスライドで年齢・性別から現病歴まで提示しているのは、そのためである。もちろん、情報量が多くなるほど文字のサイズは小さくせざるを得ず、枚数制限のためにスラ

もっとみる