最終学歴高卒割引

どうも、やんじぇです。
最終学歴高卒です。

世間的にはしばしば偏見の対象とみられることがあるようですが、実際は逆偏見というか学歴高卒割引が利くことが多いんですよ。

例えば、どこ出(大学)ですか?と聞かれて高卒なんですよと答えると、すごく努力されたんですね!みたいな。

へえ高卒なんですか、話していて全然そんな感じしなかったです、とかね。

高卒の割にという免罪符みたいな割引が勝手についてくるん

もっとみる

普段から謙遜しすぎと言われている私が人と接する時に意識していること

こんばんは、田渕です。前回がはじめての投稿だったのですが、私が思っているより読んでくれた人が多くとても嬉しく思います!
さて今回はやはりデザインについて何か書きたいと思ったのですが、
「そんなに謙遜しなくていいよ〜」
「謙虚すぎるでしょ・・」
「謝らなくていいんだよ!」
と言われることがあまりにも多いのでそのことについて書こうと思います。
※今回は個人情報が絡むので内容が伝わらない部分が多いかと思

もっとみる

シンガポールでの学歴と給与の関係性について

こんにちは、李アキラです

東南アジアをふらふら彷徨っていると現地の若者とよく話すので
話して思ったことをまとめてみました
今回はシンガポールの若者と話していて感じたことです

日本は学歴社会だと言われてるけど
シンガポールの方が超学歴社会
大学出てるかどうかで一生の給料と伸び率が変わるし
初任給も高卒と比べて1.5倍〜2倍違うし
僕はたまたまMBA持ってるからってだけで
スタートの給与も大卒と比

もっとみる

学歴差別

今日、学歴差別が無くなってきているのだろうか。きっと有名大学に通っている人も、ほぼ無名の大学に通っている者もこの問題に対して疑問に思うのではないのだろうか。

自慢ではないが、私は有名大学に通っている。有名大学に通っていると一目置かれるのか、「流石某大学だね」などと言われる機会がよくある。気分は悪くはないが、やはり何処か疑問に感じてしまう。その疑問の正体こそ今回話してゆこうと思う、学歴差別である。

もっとみる

副業のススメ。

パラダイムシフトの真っただ中においても、
未だ古い考えを捨て切れない
残念な企業がある。

今は守るべき存在のために
会社員でいることを選択しているが、
自分の人生の主導権は、
他人に譲ってはならないと、強く思っている。

学校歴社会日本。

池上彰さんの記事を読んでいて、この言葉を目にした。
すごくしっくりくる言葉。
「学校歴社会日本。」

私が働く会社では中途採用が多い。
転職者を選考するとき

もっとみる

学歴フィルターなるもの

初回からいきなりなテーマ。なぜこれを書くのかというと春先に新卒採用の手伝いをしたときに就活生からよく質問されたから。
その場では外向きな回答しか出来ないが、結論から言うと有るに決まっている。個人的にもある程度必要であるとの認識。以下にて見解を述べたいと思います。

1 令和時代の企業、会社員の現状
①バブル崩壊後の採用停止や抑制により会社全体の年齢構成が歪。45歳前後の人員が薄く、前時代的な人員(

もっとみる

【つぶやき】子どもの学歴を気にする?

【つぶやき】

学歴を気にする人は
まだまだ多い。

学歴の効力は一時だけ。
社会に出てしまうと
正直関係ないな、と。

☆彡---★---★---★---☆彡

まだまだ日本は学歴社会ですよね。

でも、社会に出ると正直
最終学歴や出身校って
そんなに評価の対象にはならないですよね。

逆に、高学歴なのに?
と批判されてしまうのは悲しいくらい・・・

そう、社会に出てから気が付くのです。

学歴

もっとみる

5月11日からnoteはじめて3ヶ月

本日8月11日までに142記事

5月11日にスタートした当マガジン。本日8月11日までに142記事を更新してきました。1記事の文字数は1000文字いかないものから5000文字近くになるものまで。 #フォロワー さんはまだ25人になりました。合計の「スキ」は418。PVは15159(最新集計時刻 2019/8/11 4:10)
一応、 #情報発信 する以上は多くの人の目に触れてほしいなということで

もっとみる

人生という壮大なストーリー

人間がこの世で生きることや、生きている時間や経験。
これが人生である。
人生に対する見方のことを人生観と言う。
今回は僕の人生観について語ろうと思う。

🔳人生というストーリー

誕生➔幼稚園➔小学校➔中学校➔高校➔大学➔就職➔定年➔人生という幕を閉じる。 その間に結婚して家庭を持ち、家を購入して定年後にゆっくりと暮らす

今まではそういう人生が送れた…
しかし、現代はグローバル化が進み、世界中

もっとみる