家を追い出される

【第8話】ホームレスは突然に

※連載モノなので、マガジンからお読み頂くと、順番にお読み頂けます。

青天の霹靂

 携帯電話等を持っていなかった私とYさんとの連絡手段は、交換日記でした。
(なんだか恥ずかしい)

 忘れもしない・・・

 高校3年の6月梅雨時期、学校から帰った私を待ち受けていたのは、私とYさんとの交換日記を握りしめた母親でした。

 母親は、

 「いったいこれはどういうこと?」と。

 「付き合っている彼

もっとみる
必ずあなたのnote読みにいきます!
2

【第2話】毎日が崖っぷちの生活

※連載モノなので、マガジンからお読み頂くと、順番にお読み頂けます。

親父が失踪してからの生活

 親父が蒸発し、母親は女手一つで私と、4才下の妹、12才下の妹を育てることになりました。 詳しいことは分かりませんが、親父との離婚手続きをして、児童扶養手当を受け取りながら、母親は毎日懸命に働いていたとおもいます。

 私は高校生になり、家計を助けるため、アルバイトをするようになりました。 親父がいな

もっとみる
スキありがとうございますm(_ _)m
3