小池百合子都知事とネズミに見る東京および市民の現状

来年2020年は東京オリンピックが開催される。2019年8月現在の自分には開催期間中に都内の交通機関や歩道、夜の歓楽街がどうなっているのかイメージが湧かない。しかし現時点で想像するに「騒がしい」「治安が悪くなる」「ゴミが散らかる」「移動が面倒になる」「流通が滞る」など浮かぶのはネガティブな考えばかり。それは自分が「貧困までは行かずとも将来にお金の面で不安を覚える一般市民」だからだ。

一般市民の多

もっとみる

7月15日 毎日が記念日

おはようございます!

人生とは、

想い出を作る為に、生きること。

#石田純一

7月15日

今日は、『中元』

半年生存の無事を祝い、祖先の霊を供養する日

日本では江戸時代から商い先やお世話になった人等に贈り物をするようになった

本日のお誕生日

金子功さん、ミル・マスカラスさん、瀬古利彦さん、永瀬正敏さん、アンタッチャブルの柴田さん、柏木由紀さんなどなど

もんち的には都知事の小池百

もっとみる

【渋谷区待機児童】250円/1時間でベビーシッターを利用できた話

2019年5月上旬、5月31日をもって三鷹市の保育園を去ることに決め、6月1日付けで渋谷区の入園希望を提出した。

引越しの方が出るとシングルマザーはかなり優先的に繰り上げ当選される。10か所も希望を書いていればどこかは入れるだろうと甘く見ていたが、1歳児はもっとも難関といわれているだけあって、5月中旬に待機児童が確定。

落選したものの、入園できるまで毎日お世話していては身動きがとれない(仕事が

もっとみる

せめてあの日傘を自らかぶって、それでも似合ってみせるか、やっぱり爆笑映像を提供してくれるのかでもしてくれないと、僕の都民税が泣いています。

おなら、呼吸禁止?法案/小池都知事

おならじゃなく、軟便ですが、赤ちゃんヤギのゲリが止まらなくて(汗)

 東京都の小池知事は、地球温暖化対策の一環として、2050年に都内の二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする目標を掲げ、ことし12月をめどに目標実現に向けた戦略を策定する考えを明らかにしました。

 家庭や大規模なオフィスビルから排出されるプラスチックごみの焼却量を2030年までに4割削減する案も盛り込まれる予定ですが、二酸化炭素の排

もっとみる

シティキャストの面談・説明会に参加してきました。
東京マラソンでの小池 都知事の態度には失望しましたが、都市ボランティアの事務局の運営はしっかりとしていました。東京オリンピック・パラリンピックに少し興味が湧いてきました。

価値観って・・・奥が深い

以前言った旅行先のイタリア。 もうそれは憧れの国で、ワクワクドキドキも半端じゃなったです。 「町のど真ん中に遺跡がある町って!!  何食べよう!!  きれいなおしゃれな国なんだろうな!!  みんな笑顔で親切そう!!」等々、私の勝手な期待ですが、これらを想いイタリア旅行に行きました。

ローマの空港に着き、町に出ての第一声は「キタなっ‼」でした。。。 もうショックだったことを覚えています。  とにか

もっとみる

公共交通機関の“公共性”について考えてみた。

電車でエルボーされた話

以前、リュックを背負って満員電車に乗った時の話。本来であれば荷物は頭上の棚に収納して乗車すれば他の利用者の迷惑にならないものだが、その日は荷物が重たいのと一駅しか乗らないで、数分我慢すればすぐ降りるし、返って満員電車の中でゴソゴソ荷物を動かすのは、周りに肘や荷物を当ててしまうと思って、棚に乗せなかった。
そもそも、重くて乗せてる間に次の駅に着いてしまいそうで、乗せられなか

もっとみる

【書籍・資料・文献】『日本の税金』(岩波新書)三木義一

迫る消費増税

 2019年10月の消費税率10パーセントへの引き上げを目前にして、いろいろとざわつき始めた。これまで安倍晋三内閣総理大臣は2度にわたる消費税の増税時期を延期してきた。消費税が8パーセントから10パーセントに引き上げられれば、その分の消費が冷え込み、税率を上げても税収は減少するといった懸念もある。それだけに、景気が上昇基調でないタイミングで消費税率を上げれば、景気はますます減速する

もっとみる
スキ、ありがとうございます。フォローもしていただければ幸いです
2

カンボジアと大島のゲストハウスが、東京都の税金泥棒をした問題。両代表の責任のなすりつけあいが勃発中のようです

CARAVAN JAPAN社による、地域通貨不正使用詐欺事件。

NHKや日経新聞で報道され、MXテレビで小池都知事がコメントするなど、大事になってきています。

私の所にも、舞台となったカンボジアのゲストハウスに宿泊してきた人をはじめ、現地在住者、関係者などから様々な情報が入ってきています。

今回は、その情報から浮かび上がってきた、CARAVAN BLANK(カンボジアのゲストハウス)とCAR

もっとみる