息子ちーさまとの過ごす時間について。

前回から気がつけば一週間もたっておりました💧

シングルマザーの働き方、ということで前回、今年度は週6で働いているということをお伝えしました。

当然ちーくんも週6で保育園に通っています。

土曜日まで保育園にお願いすることに罪悪感を覚える時期もありました…が

「量より質」

ということで納得しました。

いくらいっしょにいる時間がとれても、イライラしてギスギスした状態では逆効果だと思いました

もっとみる

シングルマザーの働き方について。

いつまでもはじまらない「のほほん✳︎きたがわ家」💧ごめんなさい。

きょうは私が2年ちかく悩んでいる

「シングルマザーの働き方」をば…。

昨年小田原のほうに引っ越してきて、保育園も住むところも仕事環境も、また最初からになりました。

住むところは、ちーくんと成長していくならここがいい!と、田んぼに囲まれたおだやかな〜なところに落ちつきました。

つぎに保育園。じつはいまでも毎日しんどいのです

もっとみる

小田原市からレッカー車で放置車両を廃車の引き取り撤去しました。

小田原市から放置車の撤去処分です。

コインパーキング駐車場に数年前から放置されていた放置車両でした。

車の所有者さんは連絡が取れなく自宅にも住んでません。

警察にも連絡をしても連絡が取れませんでした。

弁護士さんに相談してからの放置自動車の引き取りです。

車のカギも無くドアも閉まったままなのでガラスを割って車内に入り、キーシリンダーを壊し道路に引き出してからレッカー車に載せました。

もっとみる

旅するくまさん386「石橋山古戦場跡」

くまさん一行は、白銀展望駐車場から箱根ターンパイクをそのまま進み、小田原市街の手前で海沿いに反転していきます。そこでくまさん達が到着したのは「石橋山古戦場跡」ここは鎌倉幕府を作った源頼朝が平家打倒の挙兵を行った場所として有名な場所で、この戦いでは破れて一時撤退したものの、その後逆転して平家を滅ぼして幕府を開くという歴史の流れの第一歩の場所でもあります。そういう歴史的な場所を眺めるくまさん一行。実際

もっとみる

旅するくまさん358「鈴廣かまぼこ博物館」

くまさん一行は、「西海子小路」を抜けて、そのまま西方向に小田原の町を離れていきます、海沿いではなく早川沿いに国道1号線を進んでいき、くまさん達がやってきたのは、鈴廣かまぼこ博物館という所です。小田原は蒲鉾の名産地で、今から220年くらい前には魚の保存利用として盛んに作られれるようになり、今でも名産地と言う事で蒲鉾屋が多くありますが、中心部から少し離れたこちらにはその蒲鉾の博物館があり、歴史、製造方

もっとみる

旅するくまさん357「西海子小路」

くまさん一行は、だるま料理店から小田原の町を南下。途中、東海道旧小田原宿の名残が残る「旧本陣:明治天皇宮ノ前行在所跡」「小田原宿なりわい交流館」「薬博物館」「ういろう」の前を通って最終的にくまさん達が到着したのは、「西海子小路(さいかちこうじ)」と言う場所です。ここは江戸時代の武家屋敷があったところで、すぐ近くには小田原文学館や白秋童謡館と言うような文学的な施設もあり、桜の名所でもあります。と言う

もっとみる

旅するくまさん356「だるま料理店」

くまさん一行は、小田原城の見学を終え城の外に。小田原の中心部を歩いてくまさんたちがやってきたのは「だるま料理店」という所です。ここは明治26年に地元の網元だった廣澤仁三郎が創業したという伝統ある現役の日本料理店です。さらにこのお店の重厚な建物の価値により国の登録有形文化財に指定されています。と言う事で中で食事をすることを考えた熊さん一行。旬の素材を活かした料理や新鮮な地魚等を堪能できるということで

もっとみる

旅するくまさん355「小田原城」

くまさん一行は、最乗寺から山を下りて大雄山駅から伊豆箱根鉄道に乗り小田原にやってきました。そしてくまさん達が到着したのは小田原城です。この城は応永24年(1417年)に築城。戦国時代には主に後北条氏の居城で、江戸時代は主に大久保氏の城として存在しました。再建されたり復元されたりしたため綺麗な城跡を見ることができたくまさん一行。その中でもやはり天守閣が一番立派に見え、小田原藩11万石の存在感を見せつ

もっとみる

旅するくまさん339「国府津海岸」

くまさん一行は、大磯ロングビーチから西方向へ海岸沿いに歩き、二宮駅から東海道線に乗って一駅。国府津駅にやってきました。この駅のすぐ近くにある国府津海岸にくまさん達はやってきました。国府津(こうづ)とは本来的には、日本の奈良時代から平安時代に、令制国の国府への水運のために設けられた港と言う意味で、ここは相模国の国府津だった場所でもあります。ところで今の海岸沿いには西湖バイパスと言う高速道路が上にとお

もっとみる