平井拓郎

わかりあえなくてもいいはなし

きみの好きなものはとてもすてき
でも、ぼくも好きかって言われたら
ちょっと違う

ぼくの好きなもののことだって
きっと君はそんなに好きじゃないよね

だけど君といることは
なんだかとっても楽しいんだ

ぼくが泣いているときに
一緒に泣いて欲しいわけじゃなくて

ぼくが泣いているときに
涙の理由をわかってほしいわけじゃなくて

ただいっしょにいてほしいだけなんだ

ほかのひとといるときの、きみのこと

もっとみる

はこのはなし

ぼくは「はこ」を持っている
たいせつなものを入れるための、ぼくの「はこ」

大事なともだち
好きなうた
たいせつなものがたり

ぼくがたいせつにしたいもの
ぼくはその「はこ」の中に入れてきた

両手にすっぽりおさまるくらいの
ぼくの「はこ」

もっと大きな「はこ」
もっときれいな「はこ」
こっちのほうが便利だよって
すすめてくれる人もいたけれど

もしも
ぼくの「はこ」がすごくすごく大きくて
いろ

もっとみる