幸せになる習慣

赤ちゃんが握りしめているもの

娘を産んで、退院した時に、父の弟夫婦が来ていました。

その弟夫婦の妻である私にとってはお姉さんと呼んでいる人が、こんな話をしてくれました。

赤ちゃんってその手に、希望や夢を握りしめて生まれてくる。落とさないように、失わないようにしっかり握って生まれてくる。そして、生まれた瞬間に、握っていた手を開いたときその夢や希望が、手から離れて飛び散っていく。そして、その自分の手から飛んで行った夢や希望

もっとみる

ママ、キライ・・・

授乳中に娘と目があった。

顔を見上げて、「ママ、キライ。。。」と言っているように感じた。

「娘は私自身の投影」と知ってから、「娘の心が何を感じて何を言っているのか」で自分自身の心の状態を図るようになった私。

ママ・キライ・・・と言っているように感じた瞬間、私が「私のことをキライ」と思っているメッセージなのかもと捉え直す。

捉え直すと、

私、疲れてる。心も体もずーっと気が張っていて疲れてい

もっとみる

選択できる幸せ、決定できる幸せ

里帰り先のど田舎実家から戻ってきて、5日目。念願のスタバへ行って、フラペチーノをいただきました!幸せ。

生後3ヶ月の娘を子育て中に痛感する子どもがいる生活での外出が難しい問題をまざまざと感じています。

選べることが少なくなる。

自由に動けることも少なくなる。

子どもとの外出は億劫だ。
エレベーターを探したり、
オムツや着替えなど準備したり、
授乳の時間を考えたり、

子ども中心のスケジュー

もっとみる

髪は神さまが宿る場所

産後の抜け毛や髪の痛みがひどかったため、バッサリショートボブに髪を切ってきました。

髪を切った瞬間、肩の力が抜けたように感じ、

心が軽くなりました。

出産するとママは髪を切ると言われていますが、気持ちがわかった気がします。

髪が短い方が、髪を乾かす手間を考えると楽という理由だけではない。

髪を切って、新しい自分になる。または、新しい自分になったから今までの髪型では嫌だ。

新しい自分に似

もっとみる

気が流れる空間に自分の身を置く

家は安心・元気が得られる環境にする。

家の隅々まで気が流れる空間を作ることは、必要不可欠。

埃がたまっていたり、物が溢れていると、

気が滞り、自分の運や体調にも影響を及ぼしてきます。

押入れのタンスの中
冷蔵庫の中
ベランダ
寝室
居室など

全てにおいて流れが滞ると、心も体もエネルギーが滞留してしまうのです。

そうなると、ネガティブな捉え方ややる気の低下、他罰思考など自然とそうなってし

もっとみる

今までとは違うことが、定期的に必要

今までとは違う選択をしてみる

里帰りが終わり、娘と主人との三人での新たな生活がスタート。

今までは家事炊事は母が行ってくれていましたが、これからは私が担当。

主人も掃除などは手伝ってくれる予定ですが、娘の育児に関してはアルバイト並みの実力。

娘といた時間は数週間しかないので、当たり前です。

主人と私と娘の三人での生活が始まることは、今までの生活とはまた違った生活を築いていくことになります

もっとみる

楽しみは先

猛暑が続いていますね。暑くて暑くてアイスが止まりません。

いろんなアイスがある中、大好きなシークワーサーのアイスを一番に選びました。

面倒なことや嫌だな〜と思っていることを先にやってから楽しいことを味わおう

好きな食べ物は後にとっておいて、嫌いな食べ物から先に食べておこう

そういう「楽しみの後回し」

してしまいがちですよね。

しかし、楽しみを味わうのは早いほうがいい。

楽しみを味わう

もっとみる

自分を喜ばせること

「自分を喜ばせること」こそが運気が上がったり、夢を叶えていくために必要な頑張り方。

他人からどう思われるか

嫌われないか

で頑張ってしまいがち。

旦那からどう思われるか、
姑さんからどう思われるか、
友達からどう思われるか、
恋人からどう思われるか、
家族からどう思われるか、
ご近所さんからどう思われるか

他人からどう思われるかを意識した頑張りにエネルギーを使うのは、無駄。

頑張っても

もっとみる

全てを感覚で決める

もやっとしても頑張って行っていたけど、そのモヤっとすることは、モノゴトの大小関係なく、頑張らなくていい。

一度それについて考えるのをやめて、放っておく。

先日、デパートで購入した赤ちゃん用品を置き忘れてしまいました。サービスカウンターに行っても、なんとなくここにはまだ届いていないという感覚があり、やはり届いていない。明日には届くかも。。。と思って過ごしていると30分後に届けられました!と電話が

もっとみる

日常での小さな選択を変えてみる

自分の状態で見える世界の景色が輝いて見えたり、グレーに見えたり、真っ暗に見えたり。

すごく調子がいいな〜という日は、物凄く1日がキラキラ輝き、今日はいい日だったな〜と思える。

けど、なんだか調子が良くない、辛いな〜、きついな〜、めんどくさいな〜といった自分の状態が良くない時は、どうも人は「自分にとっての好き」という基準で物事や捉え方を選択できなくなる。

頭で考える癖が染み付いてしまうと、

もっとみる