人生でこれだけは譲れないもの

私の『幸せになりたい欲』はかなり強い。

ヒトには三大欲求というものがあるけど

どの欲も差し置いて

『幸せになりたい欲』がダントツ1位だ。

常日頃から幸せを感じたがっているし
この状態を1秒たりとも途切れさせないために日常生活ではあらゆる手を打っている。

そもそも幸せの正体って何だろう?
って考えたとき

その答えは2つあると思っている。

1つ目は不快が取り除かれた状態。

何が幸

もっとみる

勤続15年。僕が辿り着いた人生の本質。

「思えば遠くへ来たもんだ」武田鉄矢さんの書いた詩が ロスジェネ世代の僕の肩を優しく叩いた。

人生37年の中の15年という時間

勤続15年。会社の新年会で永年勤続賞を頂いた。

表彰台のステージに向けて微笑ましく「よく頑張った」と祝福を口にする各関係者。でも、その言葉が僕にはほとんど響かなかった。というか「よく頑張った」という言葉を自分に受け入れることができなかった。

「よく頑張った」という言

もっとみる
カタカナの「スキ」と、漢字の「好き」。軽い方をありがとうございます。
69

幸せになるシンプルな方法は、自分が無意識に感じている幸せな瞬間を見つけて、それを意識的なものに変えていくことだ。無意識に感じる小さな幸せは、意外と日常の中に多く埋まっている。そうした小さな幸せへの感度を高め、幸福な瞬間を意識することで、私たちはより一層幸せを感じられるようになる。

おお 勇者よ 死んでしまうとは なにごとだ。もっと好きって言いなさい。
49

名前

名前には素晴らしい力があると想う。
その人のために
その人を大切に想う人が
つけたものだから

漢字でも
ひらがなでも
カタカナでも
アルファベットやたくさんの文字も

人がその人を思ってつけた名前。
願いがこもっている。

私は悩んだ時や
何かの時
名前について
考えるのは
良いことだと想う。
何かが落ち着いて
行くように想うからだ。

生まれてきたものは
プラスの存在として
生まれて来ている

もっとみる

どの人も

幸せになっていくのを
あきらめないでほしい。

ご先祖様も
宇宙も
神様も
地球も
親しい人たちも
どの人も
幸せになっていくのを
喜ぶから

幸せになっていくのを
あきらめないでほしい。

幸福への道しるべ。

助けてあげられなかった母について

母について、考える機会が増えている。

この歳になって、母親のこと、
母親との関係を見直す時期を迎えているような気がする。

私にとって、母は恐怖だった。
権威だった。
決して逆らうことのできない大波のような存在だった。

波には、形がない。
常に変化し続け、一定の形状に留まることがない。
勢い、大きさ、ボリュームもまた、日によって大いに異なる。

人に安らぎを与えるほどに穏やかな時もあれ

もっとみる

私が地獄のような家族から逃げて人生立て直すまでの全記録

この世で一番残酷なことはなんだろう?

殺すこと?殺されること?戦争?暴力を振るわれること?

たくさんの事象が、現実が思いつくけれど

この日本で、命のやり取りを鮮明な脅威として思い浮かべるのは難しい。

けれど実は、

「魂を殺す・殺される」脅威は、意外に身近に転がっているものだ。

だってほら。そこらじゅうに「生きるしかばね」となって世をさまよい続ける人がいるじゃないか。

体は生きていても

もっとみる

「幸せになろう」という呪いから逃れる1つの考え方

「あなたも幸せになれる」

「幸せは探しにいくものです」

これらに似たような言葉全て、僕は一種の呪いであり、宗教だと思っている。

「あなたは今幸せですか?」
よくある質問ですよね。
そこで、大抵はこう答える。
「いいえ、私は今幸せではありません。」と。

あたかも、自分で今の自分を振り返ったような言葉ですが、あえて聞きたいのです。

「それは誰基準ですか?」と。

「本当にあなた基準なのか」と

もっとみる
ありがとうございます!あなたの明日が良い日になるよう願っています!
17

意識をしっかりと持つ

気持ちを強くする。
それだけで大丈夫。
周りの意識も
自分の意識も
永遠を持つ一端
何かを感じとって
何かを想っている
生命はとぎれることなく
続いていく。
想いは
きっと
伝わるのだから…

一生をかけてやる!私のやりたい事リスト500個

初めまして、やまちょぴんと申します。

何気ないつまらない日常を、楽しく、幸せなかけがえのない日常に変えるために、やりたい事リストを製作して、半年が経ちました。

作成し始めて早半年、当初は100個挙げることを目指していましたが、気が付けば500個を超えましたので、記念にこちらに公開しようと思った次第です。

このリストが何気ない日常の繰り返しに嫌になった人や、人生がつまらないと感じている人への人

もっとみる