広報活動

勝手にやってしまえ!作戦

どーも。人とある程度、壁を作って接しているのですが、壁が壊れた瞬間にその人をいじったり、いたずらしちゃう意元です。

過去にいろんな人に騙されたり、わけもわからず巻き込まれ危ない目にあったりしてきたので、つい人と接するときは壁をどーん。と置いてある程度の距離を保ち話してしまいます。

正直、壁なく話す人はほとんどいなかったのですが(2人くらい)、最近はちょっとずつ増えてきたかなーって感じてます。そ

もっとみる

ブランディング・広報という『合気道』

合気道は、合理的な体の運用により体格体力に関係なく「小よく大を制する」※1
ブランディング・広報もまたより大きいライバルの力、外の力、タイミングの力を活用しなくては、今の時代は何の力も影響力を生み出すことはできません。
なんとなく最近、合気道っぽいなと思っていたことから、この記事を書いてみました。
※1文章と写真(植芝盛平氏)はwikipediaからの引用です。(CC 表示-継承 4.0)

■ま

もっとみる
はげみになりますー:)
24

演劇は誰のもの?

っていう下書きが出てきたので書きかけのまんまですけど投稿します。ここから発展した記事は今さっき投稿した。順番逆になっちゃったけどね、もったいないから出しておく。

以前に書いたこの記事の執筆中に思ったこと、公開してからの流れに思ったこと。「不特定多数に向けて発信!」というほどは知識もなければ言葉にもまとまっていないので、ここにチラリと書いておきます。

先頃の投稿で「演劇業界の人々はどうやら販促に

もっとみる
リクエストも待ってまーす。
11

やってみたい「演劇」の話

先日、ハートネットTV「もう一人の演者~舞台手話通訳 米内山陽子さん~」の放送を見ました。うん、ステージナタリーでも記事に上がっていましたのでそれで知った方もいらっしゃるかと思うのですけれど。過去にこんな記事を投稿している私はとても興味・関心をもって見たのでした。

でね、これに関して思ったことというか、「いつかやってみたい」と思ったことがありまして。実現に向けてどうこうというレベルではなく、アイ

もっとみる
あいしてるー!
9

TDDBCに参加したら、人生にたまにある最高のことを得てしまった

こんにちは、ファームノートのにくです。ファームノートに入る前からこの名前で活動していたので、牛に関するプロダクトをてがけているファームノートで働いているのには不思議な縁を感じますね。

TDDBC札幌2019に参加し、TDDという名前は同じでも内容がだいぶん変わっていたことに驚いたのと、それを通してベストプラクティスは常に変化しつづけているので、自分がベストプラクティスだと思ってやり続けて身につけ

もっとみる

耳や目に障害を持つ方の観劇について。

演劇。文化であり芸術であるというのならば、それはすべての人に等しく開かれるべきである。そう思う。

演劇は誰のものか

演劇の販促について考え発信するようになって以来、様々な課題が見えるようになった。「創客や集客を気に掛ける割に制作側がお客様を選んでいる部分があるな」とか、「果たしてどこまで観劇のハードルを下げる意識を持っているのだろうか」とか。

「へりくだってでも足を運んでもらうべき!」という

もっとみる
リクエストも待ってまーす。
11

旭料飲の広報紙からみる変革

地元横浜市旭区の飲食組合( #旭料飲 )で広報を担当しているので自分が担当してからの広報紙の歩みを記録に残しておこうかと思います。

活動については随時Facebookにあげているのでこちらをご覧ください。

さかのぼってみていくとこれが最初の投稿。

もう過去のことなので忘れてますけどFacebookは2015年(平成27年)に立ち上げたようです。どうやら当時HPをつくるつくらないという議論の中

もっとみる

松下幸之助と『経営の技法』#99

5/24の金言
 あらゆる点から眺め、考えてみる。寝ながらでも、考えて、考え抜く。

5/24の概要
 松下幸之助氏は、以下のように話しています。
 50年前に商売を始めて以来、初めて広告宣伝をやろうとしたときこと。ナショナルランプを考案して世間に出す。それには第一に宣伝だが、当時は資金に乏しいし、力もなく、新聞広告は並大抵ではなかった。「買って安心、使って徳用、ナショナルランプ」、これだけの3行

もっとみる
よろしければ、コメントもお願いします!
16

noteに書こうと思ってまだ書けていない演劇系のネタ放出。お題として使えそうなものがあればぜひお使いください。

日々「演劇関係の投稿で書こうかな」とメモするのですが、なかなか執筆に至らなかったり、「一人で抱えていてもおもしろくないなあ、他の人の話も聞いてみたいなあ。」なんて思うのでネタストックを共有します。

内容は、演劇全般・作り手・受け手・役者・裏方・宣伝美術・広報ほか、とにかく雑多な感じです。

元々は自分のストックとして書いたものなのでかなり抽象的な部分もありますし、お題というほど使い勝手のいいもの

もっとみる
私も好きー!
10

「演劇」をガッツリ訓練してきた役者が2.5次元舞台に参画することの意味【前編】

2.5次元系の話はnoteだと滅茶苦茶リアクション薄いんですけどね。書きますよ、書きますよー。とはいっても今回は特定の公演・作品や役者そのものについての話ではなく、「ガチでトレーニングしてきた俳優が2.5次元に参画することの意味と効果」の話をします。ちょっぴり真面目な話、販促と演劇の間に居る私の思考。

本日は前編。

現場を経験したから思うこと。

今回のノートはかつて投稿したこの投稿がベースに

もっとみる
また、モリモリ書きます!
14