後継者不足

【日経MJ第6424号】ミスタードーナツ、「キッチンレス」都心で3倍150店

週3で届く楽しみ、日経MJ。
個人的にラブな新聞の気になった記事を備忘録かねてご紹介します。
(※日経MJは有料記事です。リンク読む場合はご登録を。読めなくてごめんなさい。)

■ミスタードーナツ、「キッチンレス」都心で3倍150店
コスト抑制 大型店はイートイン広く

【まとめると】
・「ミスタードーナツ」厨房を持たない店舗展開を加速
・駅ナカで持ち帰り専門の小型店を出す
・中大型の店舗はイ

もっとみる

事業主向けニュースまとめ-2019年8月25日号

どうも、公認会計士・税理士のみつざねです。

事業主向けに知っておくとちょっと得しそうなニュースをまとめていきます。

1.「自動車を買って節税」は、中小企業の税金対策として正解か?

新車を買う場合と中古車を買う場合の節税額の違いを分かりやすく説明してくれています。

ただし、記事にも書いてあるように欲しくもないのに、税金を安くしたいために、節税対策をとる意味はないと思いますので、本当に必要なも

もっとみる
スキ!どうもです!!
1

【株式会社一苺一笑】ママの手で育てる香り豊かな完熟イチゴ「さちのか」を全国へ!



今日、育児と仕事の両立は当たり前かのようになってきました。
本当にお母さんってすごいなあ…と感じる日々です。

宮城県でイチゴの栽培をする、佐々木綾子さんも子育てと育児を両立する一人。

高校生で農業に出会い、その虜となった佐々木さんは、その後農業実践大学校に入り農業を学びました。

しかし就活中、非農家出身だった佐々木さんは農家への就職の機会の少なさを感じます。
佐々木さんが学生の頃は、ま

もっとみる

【中島アグリサービス】里山と里海をつなぐ!“7次産業”の加工所&直売所をつくりたい!

中島アグリサービス 松田さんは、若い頃から色々な仕事を経験し、
農業のに就いたのは43歳。

能登は高齢化が進んでおり、次々と農業を辞める方々から耕作を依頼され、今では町内の田んぼと畑を耕作しています。
農閑期には仕事づくりとして、地元 能登中島地区の伝統野菜である中島菜や能登白ネギの生産に取り組み、商品開発に挑戦しています。

いろんなチャレンジをしているのにも関わらず、農業の生産額は下がり気味

もっとみる

後継者が新しいことに挑戦すると孤独になる?

多くの後継者が悩んでいる。

現状を変えたいと思う、でも、、、

でも、、、社員に反対されたらどうしよう?

でも、、、失敗したらどうしよう?

でも、、、まだ良いのではないか?

気持ちはよくわかる。

ほとんどの場合は後継者が独りよがりになって、
改革しようとしていることが多いから。

私自身も葛藤の嵐だったし、今も葛藤がないといったら嘘になる。

では、どうしたらいいのだろうか?

それは、

もっとみる

後継者で起業する方法

後継者になって起業する方法
起業の選択肢の一つとして、後継者バンクの活用をする方法があります。

身内よりも他人の方が上手く行くことも

私も以前は後継者で関西へ来る前に社長へと父から打診されましたが、父と仕事上では上手いかないと私も母親も理解してましたのでお断りしました。血は水より濃いのです(笑)なので親が引退と同時に廃業をするか工場跡地はマンションにでもするのかなと思ってます。大塚家具のお家騒

もっとみる
ご興味いただいて感謝します!
2

家族経営のハナシ。後継ぎ問題。『継ぐ』ということ。

物理的な土地を必要とする農業は、家(先祖代々の土地、農地)と仕事の結びつきが強く、他人に継がせるという選択肢はあまりなく、子が継ぐことが多いです。

それゆえ、子が継がないとなったときには廃業するしかなく、また継いだとしても親子の対立で子は出ていき稼業は親で終わり、ということはよく聞きます。

実家の酪農を継いで10年、私の経験と農家仲間の話を聞
いてきた中で『継ぐ』に関して書きたいと思います。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
4

後継者限定!精神的に成仏する 1 on 1セッションを受けてくれるモニターを募集します!

何らかの後継者でありながら、継ぐことに葛藤している方へ

こんにちは。お寺出身の三浦です。

これまで仕事とプライベートの枠組みを越えて多くの方々の人生の中での転機やその背景での変容のライフストーリーを聴いてきました。最近では話を聴くことに加えて、iPadで話していることを可視化し、各々の方々の世界観を可視化する取り組みも行なっています。

1 on 1 トランジションセッション、始めます

ライ

もっとみる

余裕のある人たちは後継者育成をして下さいよ

Web検索などをすると、世の中には豪邸やステキなアトリエを持って維持しているような有名な染色・染織作家さんや、メーカーさんがこれだけ沢山いるのに、なぜ若い人たちが修行したいと思っても入れるところが非常に少ないのか?疑問だなあ、と思うのです。

それでいて、後継者いない〜!というのですから。

ウチは来月をも知れぬほどに貧弱な経営状況ですが、後継者育成を常に心がけています。普通の会社のような雇用条件

もっとみる