心の傷跡

暗い話になっちゃうので、苦手な人はスクロールしてください。

昨日。真夜中の道路をグレーのパーカーのフードを被って自転車で逃げていました。
手首の横から流れ続ける鮮血を見ながらまた切っちゃったんだなって。
これならいつ殺されてもおかしくないなって。解離性障害が再発したみたいです。

何個持っている?

一般的に「人を傷つけた方は忘れても、傷つけられた方は忘れない」っていいますよね。

だからどこまで賛同を得られるか自信はないのですが、わたしの場合、傷ついたことよりも、人を傷つけてしまったことのほうをいつまでもクヨクヨと忘れられなかったりします。

最近「傷跡」について考えることがあり、改めてそう思いました。

確信犯的なというか、最初から意識の俎上に乗っているコンフリクトは、まあ避けては通れない

もっとみる