念仏

また、買っちまった。。。
ペイフォワード。
ペイフォワード。
(まるで、念仏。)
あまりにも、タイミングが、タイムリー過ぎる。
田口ランディさんは、俺が、初めて、精神科に、入院した時に、姉に、薦められた、作家。
田口ランディ×精神科で、気になりすぎたから、買いました。(懺悔)

感謝感激!!!
4

それは法華経であった

なーむーくーおんじつじょうだいおんきょーしゅーしゃかむにせーそーん。と、ここまでは覚えている。ガキの頃に母方のばあちゃんに教わったのだ。長じてググッてみたらばこれ、法華経なのね。日蓮宗だったかー。父方は浄土真宗なんだが。

その母方のばあちゃん、いま入退院を繰り返しておって、ここまでで寝たきり歴五年とかなんですけどね、親戚一同覚悟しているという段階です。なんかあったらちょっと駆けつけなければならん

もっとみる
嬉しいです!感謝。
5

3章 とある宗教の家庭に生まれたワタシが体験談をつらつらと書いたらつらい思い出ばかりで“つらたにえん”な件【神社とは?お寺とは?】

【神社とは?お寺とは?】

突然ですが、みなさん神社とお寺の違いは分かりますか?

結構、知らない方も多いようなので、知らない方向けに、少しだけ説明させていただきますね。
ワタシも詳しい部類の人間には当たりません。
大丈夫です、結構知らないものなんです。
それに必ず知っておかないといけないことではありません。
知らないということは、ある意味、固定概念にとらわれていないとも言えますので、前向きにいき

もっとみる
アナタ、ワタシノ、神🤖フォローシテクレタラ、モット神🤖

国宝 一遍聖繪

《一遍聖繪》とは、時宗の宗祖、一遍上人(1239-1289)の行状を描いた鎌倉時代の絵巻。国内最古の絹本著色絵巻で、国宝に指定された名品である。今回の展覧会は、これを所蔵する時宗総本山清浄光寺の遊行寺宝物館が、その全十二巻を一般公開したもの。一巻の全長がおよそ10メートルだから、全巻を合わせると、およそ130メートル。それらが決して広いとは言えない会場に一挙に展示された。

「南無阿弥陀仏」。一遍

もっとみる

見ず知らずの人に突然告白された話

※タイトルが釣り🎣っぽいけどご容赦ください。

Facebookは、記事を書くと、いいね!👍が付きますよね。

それがnoteの場合は、スキなんですね。

新手のスパムメールか、人生において三回あると言われるモテ期が、とうとう私の所にもやって来たかと思いました。

いいね!と言われるより、スキと言われた方が断然嬉しいという事が、生まれて初めてわかりました。

そこで、法然上人(1133~121

もっとみる
ありがとうございます! 実は私も好きです。
2

死ぬのが怖い人へ (9)

前回、私が「阿弥陀仏側の視点から考える」ということに挑戦した話を書きました。その結果は、獲信できそうにない自分がどんどん見えてくるという悪循環に陥り、絶望的な気分に襲われました(※第8話を参照)。もう獲信するための手段が無くなってしまった状況でした。

みるみる小さくなっていく希望

せめて死ぬまでに獲信を・・・と考えながら試行錯誤をくり返してきましたが、振り返ってみれば、浄土真宗と出会ってすでに

もっとみる
13

夏の雄叫び

昨日、しろうが突然叫び出した。

俺、本気出す!

どうしたっと!?

8月ももう終わりだし、
ちゅうことは、夏もあとわずかじゃ。

俺はどうもやり残しがあるような気がしてならん。

しくだいやろ?

精神の爆発をしたいんじゃ。

何する気じゃ?

俺は今まで言うてなかったが、

漫画家になりたかったんじゃ。

そういや昔、

もっとみる
やったー!
1

浄土真宗の法事が十倍楽しくなる本

浄土真宗の法事が十倍楽しくなる本

法事のとき僧侶が読んでいる経典や偈文を門徒は意味もわからず聞いている場合が多い。

しかし、それではその時間は退屈でもったいものになっていないだろうか。

もしも、その意味がやさしい現代日本語で、すらすらわかったら、、、。

この本はそのために書きました。

上段には、浄土真宗の法事で必ずといってよいほど読まれる経典や偈文が総ルビで掲載されています。

下段には

もっとみる

死ぬのが怖い人へ(7)

前回、私は「浄土真宗の教えや法話を正確に理解すれば獲信できるはず」と考え、むさぼるように教えを学んだ日々について書きました。しかし結果としては何も変わりませんでした(※第六章を参照)。追い詰められた私は念仏(なむあみだぶつ)に注目することにしました。

念仏・・・古臭いが重要なもの

当時の私の心境は、

「浄土真宗の教えを正確に理解しても獲信できなかった。一体何をすればいいのか?」

というもの

もっとみる