ラブ・ユー・アイ・ラブ・ユー

会いたいって。
ただ会いたいって。
 
大人気ないって知っていながらも。
 
そんな風に思うのは
どうしてなんだろう。
 
 
人が恋をするのは
人が誰かを愛するのは
本能に基づくものだとして。
 
だとしたら、大人になったら
遺伝子が考える損得感情で
僕だって動くはずなのに。
 
 
あからさまにそういったものを無視したところに、
どちらかというと損に近い領域に踏み込みそうなのに。
 
それでも

もっとみる

あいぶさき、さーん ご指名です。

相武紗季さん



あいぶ さき さん



愛撫 さき 



愛撫 先♡

以前、TVで司会者の方が 「相武 紗季 さん ~」 と呼ぶと、こう聞こえていました。私だけでしょうか。

ご両親が名前を付けたときは、愛撫、という言葉が思い浮かばなかったかもしれません。

もしかしたら、彼女が将来男性とセックスするときに、愛撫を先にしてあげてね、という意味を込めたのでしょうか。真相は分かりません

もっとみる

血液型なんてどうでもいい、なんてことはない

血液型占い、好きですか?
信憑性がないですよねー。あんなもんで性格決まったら、もっと人間関係は楽だったのに!

たかだか人間の血のタイプ。
いつの間にか検査をされて、気づいたら親に「お前は○○型だ」と言われる。
たまに希少な血の人もいるらしい。
蚊に食われやすい血液型もいるらしい?
真面目だったり、大雑把だったり、変なやつだったり分けられるらしい??
血液型で人との相性もわかっちゃうらしい???

もっとみる

271 心の湿度

271日目。

蒸し暑くて湿気がすごい。
今週ずっと苦心していた在宅仕事がようやく形になってひと安心。
今月はわりとおいしくて楽しい仕事が多いのでうれしい。

この数日、素直とか愛とか、そんなことばっかり考えてる。
暇なのかしらね。
太陽に干されないと心にも湿気が溜まっちゃう。

では、また明日!

moment84 side:unfinished

オレはいつも待ってる派だ。
遅刻したくないし
待たせたくないし。

それは単なる不安症なのかもしれないけど
いつも集合時間より早く来て
相手を待つ。
自然とそうなることのほうが多い。

今日はにのと彼女と3人でごはん。
打ち上げの打ち上げ?
なんでもいいんだけど、もう一回彼女とごはんに行きたかった。だって辞めるとか言うから。

「あ、櫻井さん!お疲れ様です」

「はるちゃん久しぶり!」

「あ、は

もっとみる

THE ART OF LOVING

タイトルのTHE ART OF LOVING は1956年にニューヨークで出版されたエーリッヒ・フロム氏の著書

「愛するということ」こちらのタイトルにピンとくる方が多いかと思う

男女の愛に限定されたものでなく、もっと根幹をなす愛についてかかれている

今から50年以上も前に書かれた本だが全く色あせていない

>愛、それは人間の実存の問題にたいする答え

>現代の資本主義社会では、平等の意味は変

もっとみる

幸せと離婚が背中合わせの産後。僕の家庭を守った一冊の本。

親になることが、こんなに大変だとは思わなかった。

正確に言えば、親になることも大変だが、親をやっていくことがめちゃくちゃ大変だ。自分に子どもができると、自然とすべての親をリスペクトできる。あぁ、あの窓際のオッサンも父親やったのか凄いな…と見る目が変わるくらい。

今年の夏、高木家には3人目が産まれる。はっきり言って希望よりも不安のほうが大きい。僕も妻も親が遠く離れて住んでいるなかで、本当にやって

もっとみる

生きるとは、愛すること

「愛とは誰かのことを好きになることだ」。この定義自体はもちろん間違っていませんが、今僕が付け加えたいのは、愛とはむしろ「他者のおかげで自分を愛することができるようになることだ」と、そういうふうに考えてみたいと思います。
引用(平野啓一郎さんより)

たしかに、私が深く付き合ってきたのは、私の存在そのものに自然と自信を持たせてくれる人たちだ。
だから、自分を愛することができている。
私も、私の大切な

もっとみる

愛なんか信じてない。

恋も愛も信じてない。そうクールに語る香穂(かほ)さんは34歳のキャリアウーマンだ。「結婚についてどう思いますか」と聞いてみたら、「したくもないし、私はしない方が良い」と即決された。「だって、所詮、カエルの子はカエルなのよ」と言う香穂さんの過去を聴くのはとても辛かった。
香穂さんの昔話は小学生の頃、お父さんが酔っ払って、暴力を振るうようになったことから始まる。「痛い思いをするのは、いつでも母だった。

もっとみる

軽やかに「なりたい」を現実にしよう。

嫌なこと、辛いことがあっても

自分次第でつくり変えることが出来る。

心のモヤモヤやザワザワから

自分の中の真実に気付くことが出来る。

本当の自分は

何が好きで何が嫌いで何が嬉しくて何が苦手なのか。

何が必要で何を手放すタイミングなのか。

今まで

蓋をしてきた気持ちや

見て見ぬ振りしてきた気持ち

生きている中で忘れてしまっていた本当の気持ち。

そこに気付いたら

過去も心のザワ

もっとみる