憲法21条

「表現の自由」とは何なのか…

「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」が開始3日後に中止になったことで様々な論議を呼んでいるが、その論議の中心になっているのが「表現の自由」の問題。

  ところが、この「表現の自由」について、展覧会の中止を申し入れた河村名古屋市長は勿論、主宰した津田大介自身までもがあまりにも認識不足だったり、間違ったことを平気で言っているのだ。

   そこで改めて、この「表現の自由」とは

もっとみる

表現の不自由展・その後の中止決定について

満員の劇場で火事でもないのに火事だと叫ぶ行為は表現の自由なのか

今朝の #サンデーモーニング#コメンテーター が言っていた #問題提起 です。

話題の #表現の不自由展・その後 の中止騒動について

中止決定について #河村知事 などが意見しておりますが、私見は支持できません。

#文化庁#補助事業 として公的資金を投入したことについて猛省を促したいと主張する記事も拝見しましたが

もっとみる

憲法21条・表現の自由の価値である、「自己実現」の楽しさ

最近は、noteで思ってるコトや、思っていたコト、自己分析したこと、法的観点から分析したコトなどなど、意識の高いnote利用者の皆さまならわかってくれるかなって思って、今まで旦那以外には黙っていたことを細々と書いてきました。
特に法的視点や、経営的・経済的視点(これは今後書く予定)などですね。
実際に読んで下さる方が多かったり、スキを頂いたりして、自己肯定感がどんどん上がっていくのがわかります

もっとみる

『出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案』(移民政策 拡大法案)は絶対に成立させてはいけない。

自由民主党、公明党は、2018年11月13日、衆議院で審議入りする予定の「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案」(移民政策 拡大法案)を成立させようとしている。

 本法案の狙いは、移民を日本国内に大量に流入させることによって、労働市場を供給過多にし、賃金上昇を抑制することと、法務省の内部部局である「入国管理局」を、外局の「出入国在留管理庁」に格上げし、法務省の権力を拡大

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
4

【治安維持法】『沖縄県 迷惑行為防止条例 改正案』が成立

2018年10月26日 (金)、沖縄県議会 本会議にて、「沖縄県 迷惑行為防止条例 改正案」が可決・成立した。

 結論から言えば、現代版 治安維持法であり、日本国憲法 第21条「表現の自由」の違憲立法である。

 2018年3月29日 (木)、東京都議会 本会議にて、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」改正案 (通称: 東京都迷惑防止条例 改正案)が可決・成立、2018

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
1

小池百合子 東京都知事が、人権尊重の名の下に言論弾圧の条例案を提出。

2018年9月19日(水)、東京都議会が開会し、小池百合子 東京都知事が「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例案」という名前の条例案を提出した。

 本条例の中の「第三章 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進」という部分は、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(通称: ヘイトスピーチ規制法)の第4条 第2

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
6