我孫子

我孫子〜佐倉

2019/7/28 13:11
台風もいつの間にか抜けて、午後はお約束のピーカン照り。
稲のみのりも大きくなってきた。
ここは手賀沼遊歩道入口手前の田んぼ。
自分なりの定点観測を持つと、季節が感じられておもしろい。

今日の手賀沼。
まだ台風の名残りか、少し濁って小さな波が立っている。
今日は、我孫子から佐倉を目指す。
途中千葉ニュータウンを通る。

遊歩道
周辺の草も伸びてきた。
残念ながらマナ

もっとみる

東京への道(我孫子から自転車で行く)

通勤電車で通っていると、自分の住んでいるところと、職場とが地続きであるということがなぜか実感わきません。

「エリア探訪には自転車が良いと気が付いた」では、

"シーンの変化が自転車ではまさに爆発します。"

と表現しました。
自転車を乗るようになって、まずは自宅から職場(駅でいうと東京駅)まで自転車で行ってみるということにワクワクした思い出があります。

曇り空の昨日(7/20)、そのよく通った

もっとみる

たかが50km、されど50km

先の記事「エリア探訪には自転車が良いと気が付いた」で、付近を乗り回すだけでは飽き足らず、と書いた。

実際、どのくらいの範囲で乗っていたのかというと、我孫子から銚子が80km強で最も長い。往復170kmを超えました。

その他では我孫子から鹿島神宮まで60km強。
筑波山まで約50km。
千葉駅までが約40km。
東京駅までが約35km

だいたい50km圏内といったところでしょう。
往復だと10

もっとみる

今年最初の朝市は。。。

全部の花が一度に咲き誇るような、そんな4月。
今年初めての朝市「香取さまで会いましょう」が開催されました。

いつもはね、4月ってどこも桜祭りなので常連さんたちは
もっと稼ぎの良いイベントへ行ってしまうのね(←当然)。

香取さまはそれほどお客さまがいないんだけど、、、
今年はなぜか結構いた。。。ちょっとびっくりww
少しは、浸透してきたのかな?ま、ありがたいことです。

近頃、子供の頃の同級生が

もっとみる
00:00 | 00:30

お空のにじこの “ゆるゆるラジオ” ☆ 第8話
お空のにじこ

「にじラジ」に来てくれて ありがとうございます

このラジオは お空のにじこが
ゆるゆると 日常のことを おはなしする番組です。
聞いてくださった方に「虹」が届きますように

あなたの心は いま何色?
たくさんの虹を、かけていきましょ

第8話: ごめんね 我孫子

鎌倉と並ぶ別荘地だった我孫子

嘉納治五郎が拓いた別荘地・我孫子

 東洋経済オンラインに寄稿した”ディズニーランド逃した我孫子の残念な歴史”は、当初の原稿から半分ぐらいにボリュームダウンして掲載・配信された。

 調整前の原稿では、柔道の父・嘉納治五郎の嘉納後楽園の話なども盛り込み、そこから白樺派と呼ばれる文学者たちが集まることも記述していた。また、ジャーナリスト・杉村楚人冠が移り住んだこと、後に3度も首相を務める近衛文麿が別

もっとみる

美容室がつくった激旨ラーメンのこと。

千葉県我孫子市。
現在僕が住んでるこの町は、正直そんなに個性的で目立った場所ではなく、むしろどっちかというと地味。千代田線をよく使う人なら行先の表示で目にするから名前ぐらいは知ってるかも知れません。
基本的なポジションは「柏の隣り」。
「あー手賀沼あるよね」って言ってくれる人は少し土地勘がある人です。
「武者小路実篤と志賀直哉ね」って言った人は相当なキレモノ。
「青木功の地元でしょ」はゴルフ好きな

もっとみる

初めてのゲーム会で、我孫子へ。
久しぶりに我孫子へ行ったので、駅で唐揚げそばを食べた。
ここへ来たら、やっぱり食べちゃうんだよね。せっかくだし。

あびこが気になる

大阪に用事があって、電車に乗っていた。

で、「あびこ」に出会った。
なぜ我孫子であびこって読むんだろう。

めちゃくちゃ気になったので調べてみた。

この町名 (地名) の由来は、依羅吾彦 (よさみあびこ) が居住していたからといわれています。依羅氏は百済 (くだら) 系渡来人の氏族で、住吉区庭井あたりに移住しその地を大依羅 (おおよさみ) 郷としました。庭井には大依羅神社があり、依羅吾彦はこの

もっとみる