投げる

投擲の授業レポート①紙鉄砲と発泡スチロールを使って投げ方の改善を試みる

今回のアプローチ

紙鉄砲と発泡スチロールを使って投げ方の改善を試みる

手順1 紙鉄砲を鳴らす
ボールを投げるときに必要なスナップを使えるようにする

手順2 紙鉄砲を高い位置で鳴らす
肩を回して投げるための練習。低い位置で鳴らす人は肘が前に突き出て肘から先で投げる人が多い

手順3 発泡スチロールボールを投げる
自分の回転を確認する。軽い、縫い目があることで力がなくても重力に逆らってホップする

もっとみる

コインで勝負

僕は毎朝5回コインを投げて行動を決める

なぜかって言えば

決断力がないからだ

今日は2回クゥォーターの表が出た

だから朝から君に電話をしてデートの約束をした

いつか5回続けてクゥォーターの表が出たら

君にプロポーズするよ

投擲種目の授業

2学期の陸上競技は投擲種目を6時間、跳躍種目を6時間行う。

まず前半の投擲種目で6時間行うのはなかなか悩ましい。練習と記録測定で6時間というのはどうしても間延びする可能性が高い。そこで、「遠くに投げる(遠投)」だけでなく、「投球動作」「スピード」にも取り組むことに決定。

投げることに興味を持ち、自主的にやってみようと思わせるべく、道具も使いながら取り組んでいきたい。

目標とする投球動作

(

もっとみる

全大人に告ぐ。「投げる」って言葉を使うのもうやめろ

おい、この世に生きる全ての大人たちよ。
「投げる」って言葉を使うのもうやめないか?

誰も幸せになっていないぞ。
どこかで誰かが傷ついているぞ。

「投げる」は便利な言葉

社会人になった途端使う頻度が増えるこの「投げる」という言葉。
たとえば、「日程を投げる」「デザインの素材を投げる」など、使い方は多種多様だろう。

確かに、便利な言葉ではある。
「投げる」という一単語で、物事の始まりから終わり

もっとみる
ありがとうございます!励みになります^^
9

数万歩あるいても疲れませんでした☺️スムーズに安定して走りやすいです🏃🏻‍♂️

こちらの記事をお読みいただき、ありがとうございます☺️

今回は

歩き方

について書きます✒️

以前、こちらの記事を書きました🖋

その続きです。

靴を買い換えて、新しい仕事を始めてからそろそろ2ヶ月が経とうとしています👟

厳密には、足首から下は疲れますが、それ以外はほとんど疲れません。

数万歩あるいても余力があります😁

なので、歩いたり、立ったままだったりすることが多い人には

もっとみる
すき焼き!
5

コンビニのレジでお金を投げる人

こんばんは★浅倉ひかるです。数日ぶりの更新!

さて、タイトルを読まれている方は今日のテーマはだいたい理解していることでしょう。今回は“コンビニのレジでお金を投げる人”と言うことで…

ねっ…!いるんですよ。コンビニで働いてると、一日に一度はこういうタイプに会うのよね。

急にレジの前に来て「タバコ」と一言、500円玉を投げる人。しかも番号も銘柄も言わない“分かるだろ?”って顔でさ。おいおい、コン

もっとみる

底に映る自分

自分の顔が嫌い。本当は鏡を見ることさえ嫌ですが身支度を整えるのにやむを得ず見ます。ただそれは鏡と分かっているから少しは妥協できます。一応。何で嫌いかは今度お話することにします

最近の自分はコップが嫌い。どういうこと?とか聞かれそうですが意味を説明しますと。飲み物を入れてコップには飲み物が入っている状態になりますよね?その状態はまだ平気なんです

ただ飲んでいくと当たり前に量は減っていきますし途中

もっとみる