持込み

複数の出版社に持込みしたら全く違うアドバイスをされた話。

こんにちは。
漫画家のかわぐちまさみです。

私は今、漫画を描いてるけど、
最初はイラストレーターとして活動していました。

駆け出しのころは、大阪から東京の出版社へ営業に行くこともありました。
電話してアポとって、スケジュールを調整していくのは結構大変です。

もうドキドキですよね。
自分の作品を編集さんに見せるというのは。
作品は自分の「想い」や「熱」を表現したものだから、
分身みたいなもので

もっとみる