文が下手

不要な要求

文:槻空 翔野

蝉が忙しなく鳴いている。我、我先にと何かを求めて泣いている。彼らには約7日の自由が設けられているはずであるが、それでも何かを欲するとするならばそれは何であろうと我々人間には決してわかりうる事のない事象なのだろう。
さて、そしたら私は何を欲するのだろう。義母に尋ねる。「しらない。」と一言、それからテレビを付ける。あの女は自分にたまたま子供を授かることが許されなかったために私を私の了

もっとみる