さっさ(笹野裕子)|FLY_016

“遊びを企てる”スピンオフ女子

さっさ(笹野裕子|ライター)自由大学では「未来の仕事(入門編)」「東京・日帰り登山ライフ」「’流れ’をつくる手帳学」を受講。彼女は各講義の受講後にスピンオフ企画を実施する、あえて言うなら“遊びの企画屋さん”。そんなさっさに、スピンオフ企画を立てる上で大切にしていることを語っていただきます。

Q.さっさが自由大学を知ったキッカケは?

はっきりとは覚えていないんだ

もっとみる

大野佳祐(おおの・けいすけ)|FLY_004

公教育を舞台にクリエイティビティの種を蒔く

大野佳祐(おおの・けいすけ|フリーランス)1979年生まれ。「キュレーション学(初級)、(中級)」、「自分の本をつくる方法」を受講。国や世代を超えた「学びの場」を世の中にもっと仕掛ける、みたいなことが仕事。バングラデシュに小学校をつくったり、いろんな世代にワークショップを展開したり。これから島根県の離島・海士町に移住。そんな佳祐さんに訪れた突然の転機を

もっとみる

大野綾子と大内麻衣子|FLY_007

社員のPieceと会社のPeace|ボスの幸福論

大野綾子(写真左|ディレクター)大内麻衣子(写真右|エージェント)自由大学では、綾子さんが「自分軸をつくる占い(初級)」、麻衣子さんが「ソーシャルデザイン学」、「ランニングライフをはじめる」を受講。二人は、転職支援サービスなどを手がけるハリウッドエージェントジャパン株式会社の同僚。自由大学の講義を、変わった用途で使っていることを聞きつけて取材に伺

もっとみる

自由大学プロジェクトストーリー「雄勝硯復興プロジェクト」(小酒ちひろの場合)

キッカケは「寂しさ」。書の文化から学びを生む

(はじめに)

寂しさは、照らす。

例えば、子どもの頃に100円玉を握りしめて通った駄菓子屋は、今はもう日常生活に見当たらない。でも、あの時10円のガムや飴を買って「楽しい」「嬉しい」と感じた喜びが今も鮮明に蘇るのは、失った今だからこそ感じることのできる「寂しい」という感情のおかげなんじゃないか。だから、寂しさは、自分自身にとって大切だった体験に光

もっとみる

よっしー(吉永隆之)|FLY_023

やりたい、やりたくないよりも、大切なこと。

よっしー(吉永隆之|プロジェクトマネージャー)自由大学では「脱藩学」「ソーシャルデザイン学」「TOKYO コーヒーライフ」「アプリクリエイター道場」を受講。大手コンサルタント会社に勤めながら、並行して脱藩学のキュレーターに。2014年、Code for Japanのフェローとして、浪江町の臨時職員になる。任期は2015年8月いっぱい。任期満了まで4カ月

もっとみる

ひとみん(古村仁美)|FLY_014

日本橋を核に3足のワラジを手にした理由

ひとみん(古村仁美|アシスタントセールスマネージャー)自由大学では「神社学」「アメーバワークスタイル」「社内起業学」を受講。日本橋三越本店に勤務する傍ら、社内の再開発プロジェクトに参画。NPO法人のスタッフも勤めるアメーバワークスタイルの実践者。そんなひとみんが、3足のワラジにいたったキセキを語ります。

Q.自由大学に通った経緯(いきさつ)は?

ネット

もっとみる

おかべちゃん(岡部有美子)|FLY_013

小さな種|素直さがつかむキッカケの星々

おかべちゃん(岡部有美子|地域づくり・教育事業コーディネーター/広報)自由大学では「アメーバワークスタイル」「#DIY実験室」「コミュニティ・リレーション学」を受講。2015年から、島根県隠岐郡海士町の株式会社巡の環に転職して、学びの場を育む仕事をスタート。昨年末、そんなおかべちゃんから転職にいたったプロセスを語っていただきました!

Q.自由大学に来た経

もっとみる

ケンケン(大江健太)|FLY_006

KANAYA BASEを育む「対話のチカラ」

ケンケン(大江健太|コミュニケーション空間プランナー)1986年生まれ。自由大学では「質問学(現・魅力を引き出す質問学)」を受講。住宅業界に長年勤め空間デザイナーを目指していたが、コミュニケーションをデザインすることに興味を持っていた事に気付く。2015年からはKANAYA BASEの運営に携わり「居場所」を持ちながらコミュニケーションをデザインする

もっとみる

ふせっち(布施佐恵子)|FLY_038

現地の人と仲良くなり地域の魅力を満喫する私の旅学

ふせっち(布施佐恵子/創業準備中)自由大学では「旅学(現・自由になる旅学)」「伝わる文章学」「クリエイティブ都市学-Portland」「じぶんスタイル世界旅行」を受講。滞在地の暮らしに溶け込む旅を実践中。旅をテーマに取り組む自分らしい仕事づくりを聞きました。

Q.以前から旅が好きでしたか?

一人旅、友達との旅、家族旅行。いろんな旅をしてきまし

もっとみる

ひろのさん(伏島広野)|FLY_030

裏から支えるキュレーターでいたい

ひろのさん(伏島広野|写真道場キュレーター)自由大学では「新盆栽学」「写真道場」「東京・日帰り登山ライフ」「おうちパーティー学」「東北復興学」を受講。病院と学校に関わる仕事をする傍ら、2015年から「写真道場」のキュレーターに。人と接する3つの仕事を持つひろのさんが大事にしているという「裏から支える」ことについて語っていただきました。

Q.自由大学を受講したキ

もっとみる