創生する地方の条件と、企業の新規事業

ご相談を頂くことも含め、仕事でいわゆる「地方創生」に関連するお手伝いをすることがある。まだ地方創生という言葉がなく地域活性化などと言われていた時代から、例えば離島地域の活性化として観光の拠点となる宿泊施設の企画立案から開業に至るプロセスのお手伝いをした経験などが、お声をかけて頂く理由になっているようだ。

いくつかそうした経験があり、また自分自身も子供時代に100万都市から人口数万の町に移り住んだ

もっとみる

DMMが新規事業を創りつづける理由。

僕がDMM.comのCOOに就任したのが2018年6月のことらしく、気がついたらあっという間に1年が経っていました。

2018年のDMMは本当に目まぐるしかった! 新サービスのリリースや、関連会社の設立、グループインが毎月のペースでありました。

「DMMは、どうしてこんなに色々やっているの? どこに向かっているの?」と、多くの方から質問されます。せっかくのタイミングなので、COOとしてのこの1

もっとみる

「実験思考」のススメーこれからの時代のビジネスのつくり方

はじめに

2017年にスタートアップ界隈で話題をさらったCASH。「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュになる」魔法のようなアプリとして、24時間で3.6億円のお金をばら撒く壮大な社会実験が行われたのは記憶に新しいところ。

著者の光本さんは自分と同じ81世代で、起業家の中の起業家、起業家の中でも天才肌。「興味はあるけど、自分が参考になる感じではないかな」という勝手な印象があって、あえて手にとろう

もっとみる

【アイデア】既存の製品・研究・プロジェクトを調査してまとめるサービス

概要

企業でも研究機関でも,新しく何かをやる場合には,既存のものを徹底的に調査する必要がある.これは手間のかかる作業である.

そこで既存のものを調査し,日本語でわかりやすくまとめを行ってくれる調査専門サービスである. 

ネットでサクッと発注できて,進捗を随時確認できるようにしてほしい.

まとめはPDFやスライド資料形式に提供される.

背景

ビジネスマンが会社で新規事業を行うときや,起業

もっとみる

事業をつくる、怖さと弱さ。

自分にとって、自分は自分でしかない。譲れないもの、曲がれないこと、得意なこと、嫌いなこと。事業を創ることで明らかになっていくことがとっても怖い。

私の場合は、起業、フリーランス軽く経験しているけど、今みたいに組織で事業を創ることはまたかなり違う。そしてそれがどうしても、好きになれないみたい。

起業やフリーランスだと、自分の出来ることややりたいこと(やりたくないこと以外)から事業は発想されるけど

もっとみる

新規事業が失敗するリアルな条件について。

こんにちは、シャレカマー(@meganeotakudesu)です。web企業でリーンに事業検証をしています。

自分・知人・ネット・本をソースに、新規事業が失敗する条件を書きました。※気持ちtoC要素多め。

1.ニッチすぎる市場を狙っている

ニッチは厳しいです。理由は2点。

①パイが小さいため、No1になっても事業を存続できないことが多い

性格が優しい人あるあるですが、目の前で困ってい

もっとみる

朝の貴重な時間の使い方

こんにちは!
月一でnoteを上げるように頑張っています!
いつも仕事にまつわることばかり書いているのでたまにはライフスタイルについて書いてみたいと思います。

■平日のタイムスケジュール
5:00:起床
5:20~6:00:トレーニング
6:00~6:40:準備
6:45:出発
7:00~8:00:最寄駅近くのマックで勉強
8:00:会社へ移動
8:20:出社
8:30~9:00:情報収集
9:

もっとみる

連続起業家としての職務経歴書 - 行ってきたビジネスやスキルについて

インタビューや登壇記事等でまとめていただくこともありましたし、自身のブログで簡単に書いたこともあるんですが、起業前の段階から数億円でのバイアウト、そして現在に至るまでに何をやってきたのか、そして何ができるのか、について僕を雇用できるシリヤト!!というサービスを始めたこともあり整理用記事を書くことにしました。
まぁ僕は別に華々しい経歴とかではないけれども、できることは色々あるし誰かのお役にも立てるよ

もっとみる
ありがとうございます!またいい記事書けるようにがんばります。
19

【yenta 日記】#18 日本の新規事業をKASOKU (加速) させる漢 <KASOKU株式会社 大和田 要 さん>

今週は新規事業についての動きが会った週でした。その大トリが大和田さん。
ちなみに大和田さんとは先週会う予定だったのが、私のミスですっぽかしてしまって。。。申し訳ない。

でも、それもあってそこまでの流れがつながった (と、言い訳にならない言い訳)。

大和田さんとは、新規事業がより成功確率を高めるにはどうしたらよいか!?そんな話になりました。

これは私が書いたもので組織がどのようにプライオリティ

もっとみる

小さな会社の立ち上げスタッフを経験して思ったこと

過去に有限会社など小さな会社の立ち上げスタッフを3度やりました。

どんなことも最初は「伸びしろ」しかないので面白いですよね。

新しいことを始める醍醐味ってやっぱりコレでしょう。

わたしはこういう刺激が大好きなので、「オープニングスタッフ募集」と聞くと、ふらふら~っと応募してしまっていたのかもしれません。

でも、立ち上げからひと段落すると、3社とも同じような理由で辞めてしまいました。

その

もっとみる