日照

テクノロジーを背景に、自然と共生し居所のたくさんある住まい 〜YKK AP×リビタ「広がる屋根」

YKK APとリビタによる最新の「性能向上リノベーション」プロジェクト「広がる屋根」は、築37年の木造住宅をリノベーションしたもの。大きく非対称な草の屋根を持ったこの家は、「断熱・耐震性能の向上を図るだけでなく、自然エネルギーとの共生を図る住まい方の提案」である。今回はその記者発表にお邪魔した。

「広がる屋根」は、東急田園都市線 たまプラーザ駅から徒歩で13分。公園近くの小高い丘陵地の上に建って

もっとみる
ご覧いただきありがとうございます!!
5

【中山間地域の日照について】

私の住む大日向という地区は、千曲川の支流である抜井川(ぬくいがわ)沿いに拓かれた集落で、上流から順に1区〜5区に分かれています。

上流にいくほどに山は迫り平地は減っていきます。

都会の場合は近隣に高い建物が有るか無いかで日照に影響があるけど、中山間地域の日照は山の影に隠れるかどうかでその影響が大なので、

同じ大日向でも、1区〜5区、またその中でもさらに国道の北側か南側かとか、山との位置関係と

もっとみる