時流

お金、どんどん変化してます。

新札発行は数年先。

でも色々と・・・・・

=ー=ー=ー=ー=ー=

変化、といえば『お金』。

最近グッと変わってきてますね。

令和になり、

『日本円が新札になります!』

とデザイン発表されましたが、

今日の『グッと変わってきたお金』は

新札の話・・・

ではありません。(^^)

■最近『硬貨』使ってますか?■

交通系電子マネーも
様々な場所で使えるようになり、

他の電子マネー

もっとみる

資産形成ノート031【モノづくり大国日本】

近畿でライフプランデザイナーをしております、石野です。

先日から、お金を巡るニュースが注目を浴びています。
トヨタ自動車の社長さんが終身雇用の限界をおっしゃっていましたね。

これ、マクロにみれば、
「日本の年功序列制度の限界と生産性の低さに警鐘を鳴らしている」
と受け止められます。

が、これ、もう少しミクロに見ていくと、
「日本の時価総額トップのトヨタですら先行きが不安視されている」
とは読

もっとみる

資産形成ノート030【なぜ新札を発行するの?】

近畿でライフプランデザイナーをしております石野です。

2024年から新紙幣が発行されることになりました。

日本の紙幣印刷技術は世界トップクラス!
そのおかげで、偽札はほぼ出回っておらず、日本円の信用度はとても高いです。

次のお札はどんな技術が使われるのか、個人的にはとても楽しみです。

しかしながら、
キャッシュレスが普及し始めているのに、なぜ新紙幣を発行するの?

と思われている方も多いの

もっとみる

資産形成ノート029【何歳まで働きますか?】

近畿でライフプランデザイナー(お金の軍師)をしております、石野です。

ほんの10年前までは、

・大企業、銀行に入ったら安泰
・公務員は安定している
・会社が定年まで面倒を見てくれて、老後は年金があるから安心

これが常識でしたね。

常識は時代とともに変わるものですが、今やこの常識はないに等しいですね。

花形といわれた銀行員、しかもメガバンクでリストラをする時代です。
普通に生活していると気

もっとみる

効率よく稼ぐには、、、②

前回の続きになります。
前回では、【収入の差は仕組みの差】。

同じ仕組みの中でも差が開くのは【意識の差】ということを話してきました。

ただ意識が高いと効率よく稼げるのか。ということについては別物になってきます。

では効率よく稼ぐにはどうすればいいのでしょうか、、、。

それは、、

もっとみる

朝礼の意義

働き方改革の時流にあって、今、朝礼の意義が問われています。

NEXER社の調査によれば、「朝礼は、必要だと思わない」と答えた人の割合は、54.6%だったそうです。

半数以上の人が、朝礼は不要だと考えているのです。

上の記事には、「満員電車に乗って朝礼のために出社って、バカげていませんか?」といった生の声が、いくつか紹介されています。

それでは、時流を鑑みて、朝礼は廃止した方がよいのか?

もっとみる

働き方改革パート② 選択肢は時流を読め

3/1

こんばんは!

今日からは
『 収入の柱の増やし方 』
収入源についてメインに配信していきます!

よろしくお願い致します!

収入源について

主にBとIの話になります。
ここで大事なのは効率よく稼くこと!これです。

収入源の作り方、副業や投資
世の中には色々あります。
沢山あってどれを選択すれば良いのだろうか…
効率よく稼ぐために何を選べば良いのか、何を意識したら良いかと言うと

もっとみる

時流を読む力を養う

ニトリホールディングス会長の似鳥昭雄氏は、景気の浮沈を上手に読んで、事業を拡大してきました。

不景気になったら、積極的に設備や人材採用に投資をするのです。

似鳥会長は、「景気を読むためには、米国経済を定点観測することだ」と述べています。

米国の時流は、我が国よりも10~15年先を行っているため、定期的に視ておけば、先が読めると言うのです。

これは、弊社船井総研ロジが、最低でも2年に一度、『

もっとみる

1軸でなく2軸でとらえるバランスのとれた幸せ、山口 悠介さん

出身地:大阪
活動地域:大阪、バングラデシュ
経歴:2007年4月株式会社船井総合研究所 入社
2010年12月株式会社船井総合研究所 退社
2011年1月株式会社わんピース 設立

バングラデシュでデニム、カット、ニットを生産、提携工場で小ロットにも対応できる独自の小ロット対応の体制を確立。そしてバングラデシュに学校を建てる計画を遂行中の株式会社わんピース代表取締役、山口 悠介さんにお話しをお伺

もっとみる

人間関係に関する原則

時流適応の戦略を採れば、企業の業績は伸びます。

原理原則にそって経営すれば、潰れにくい、強い企業になります。

デール・カーネギーは、人間関係に関する、次のような原則を遺しました。

①他人の視点からものごとを見よ。
②真摯な評価と賞賛を与えよ。
③情熱の力を活用せよ。
④他人の人格に敬意を払え。
⑤あまりに批判的になるな。
⑥よい評判を与え、その評判に背かない生き方をせよ。
⑦生活に遊びとバラ

もっとみる