「編集者が編集する」ということと「異業種の編集者が編集する」ということは違う。しかも、「編集者が編集する媒体のコンテンツ」と「異業種の編集者が編集する異業種の媒体のコンテンツ」も、違う。どちらがグッとくるか?自問自答して考えてみる。答えは、思考の先にある。(真面目すぎ!)

「ジャナギャガ」の方も、よろしくお願いいたします!☆彡
11

「繋がりを見つける。」

ジェイムズAロビンソン、ダロンアセモグル共著・「国家はなぜ衰退するのか」を読んだ。

現代の格差が生じる原因は無知説、地理説、文化説等様々な説がある。

地理説で世界的に有名な本はあるし、無知説は学者で推されている説らしい。

だが、この本はどの説も否定し格差が生じる原因は「制度」だと書かれている。

貧しい国が貧しいのは、権力を握っている人々が貧困を生み出す制度を作るからで地理や無知のせいではな

もっとみる
クッソ大吉
10

いろいろなことを信じながら生きている毎日

わたしは宗教にまつわる仕事(牧師)をしているので、さまざまな局面を信仰との類比から考える。

人間にはあらゆる自由が神から与えらえていると信じる人もいれば、人間には神から許される限りでの自由が与えられていると信じる人もいる。その一方で、神などいないのであり、人間はただ人間自身の自己決断によって、自由を獲得していくものだと信じる人もいる。さらには、神などどうでもよいのは同じだが、人間の際限なき自由は

もっとみる

古典と普遍

「中国宰相列伝」なる本を古本屋で見つけて、読んでいる。

このnoteでも引用してみたいエピソードが満載で、非常に興味深く、面白い。しかし、昔の社会といのは、車裂きだとか腰斬だとか、実に物騒な言葉が多いこと。

現代に生きて、良かった。でも、どんなに技術や経済が変わっても、変わらないものがある。

古典に学ぶとは、つまりそういうことで、とんでもない時間が経っても、いまなお新しい、通用するものは何か

もっとみる
一寸先は未来

小学生🎒

私が通っていた小学校です。

このような緑の柵はなかったです。

校庭の奥の方にバスケットゴールもありませんでした。

遊具がさびついているので、ちょっと危ないと思います。

変わっているような変わっていないような。笑

私は10歳くらいまで道を覚えられなかったので、親に信号機のところまで送ってもらってました。

とある事情で不登校になろうにも、学校の目の前まで送られるので逃げようがありませんでし
もっとみる

スキだっぺ!
5

過去は捨てて今日を彩って未来も彩る。

ピッ、

小さな社会の中で汚れた衣を剥ぎ取ってエアコンを付け部屋中に冷気を漂わせる。午後7時夕暮れ時の夏。

窓辺から蝉の鳴き声とゆらゆらと流れる人の影を特に感じてじりじりと先ほどよりも夏が深まってくる。手の下には陽炎やひぐらしなどの夏を表すのには持って来いの言葉たちが輝きだしている。

窓に移していた目をパソコンに向けて電源を入れるために手を伸ばす。
そうすれば、ここからは僕だけの時間、僕という

もっとみる
ありがとうございまーーす!!!!
13

その時そのように

3か月も伸ばしていた髪の毛、恐ろしほど伸びた(^^;。
毎月カットしに行っていた所は前の会社の知り合いだったので変えたい。と思ってたら時間が経った、、。

カットだけど、小綺麗にしていたいだけで、それ以外は何もしない。若い世代の流行にどうしても寄らせたいだろうけど。感情的にはね😍事実はかなーり😭御座います。はい。

美容室でも座れば分かる!(;゚Д゚)ほぼ。1度やって貰うと大体検討がつく、

もっとみる

善き友 - 育ち合い -

報いは(普遍の)真理でしょう。これを私は道理とします。普遍(の真理)は誰も避ける訳にまいりません。人間に限らず‥全ての動植物も、無機物であっても、光や音であっても、それどころか絶対神も、仏も、普遍の真に法(のっと)ると言えそうです。こういった視点からココでは考えてまいります。

普遍の真の嬉しいところは何でしょう?マイノリティには嬉しい解(かい)が得られる筈。マジョリティの特権は通用しないから残念

もっとみる
スキ ありがとうございます!!
4

善き友 - 誤解 -

現実を言えば、目的と目標が曖昧になっているケースが多いようです。フランケンシュタインの過ちが当にそうだと言える。人でなくても生き物はその日・その場・その状況に合わせて目標を定める。TPOは無限に有って、すなわち目標は無限にある。そんなものが普遍な訳はない。

一生の目標を人生の目的と位置づける人はいるだろうし、一年一年の目標を一年の目的と位置づける人もいるだろう。個々人ごとに独自の目的を持っても好

もっとみる
スキ ありがとうございます!!
1

善き友 - ハイジ -

nhk(100分de名著)「アルプスの少女ハイジ」に感じるままを述べたい。自分は未熟だが幼児とか子供ではないというスタンスが善いと私は思っている。この私の感覚は世間に普通に受容れられている訳ではない。私の中で普通は普遍と同義語です。哲学は(私に)未熟を自覚させる。自覚なく己の未熟を感じる人はいて、感じない人もいる。そのことをハイジに感じた私。

未熟者の(私の)教養はどんなもの?フランクフルトへ連

もっとみる
スキ ありがとうございます!!
2