時は流れ。

20代から知っている某バーのオナーがいる。

最近は通ってはいないが、気分で2、3月に一度くらいは行ってた。

お互い、見た目の差を挨拶代わりにしてた。

私はいつも(本音)「変わらないですね。いつも若いままですね〜。」と言ってた。

それが、一昨日の朝、朝食をとりに外出した際「よ!アキラ君」と呼ぶ声がしたので、目をやれば、そこには、年相応の年季の入った初老と言うには早いが、疲れきった彼が居た。

もっとみる