李小龍

ジャッキー・チェンの『クレージーモンキー笑拳』を視聴。世代的にはリーよりはジャッキー。拳シリーズでは比較的後半の作品だったような。(最後っぽい)
実は『スネーキーモンキー蛇拳』がはじめて映画館で観た作品で、映画館を出るとき仲間と蛇拳の格好をして退館したのはいい思い出。

ブルース・リー『ドラゴン怒りの鉄拳』を視聴。子どもの頃に観たことがあったと思ったが、おそらく初見らしくストーリーもシーンも記憶になかった。というか、遠い過去。笑
加えて、ほぼ三ヶ月振りに映画を観たかも知れない。

00:00 | 00:30

エンターテインメント・ウェブメディア(Entertainment! Web Media)【NiceCatch3(ナイスキャッチ)】のオリジナルソングです!cubaseで製作。
敬愛するブルース・リー(李小龍)とコラボしたくてつくりました~!※あくまで趣味の範囲です※

香港・旅 029

九龍塘(カオルーントン)

 心のなかで「浪漫九龍塘」を口ずさみながら(誰にも気づかれず、想像のなかで、こっそり歌うのだ)、私は九龍塘駅前に一人で立っていた。

 これからはじまる香港散策のことを思うと、なんだろう、緊張のような感覚がお腹から胸、背中のあたりをきゅうっとおさえつける。これが楽しいのだ。

 小腹が空いたこともあって小さなベーカリーでパンを買った。店先で一気にたべおえる。

 さて、

もっとみる

香港・旅 003

沙田(シャティン)

 「小心地滑」の立て看板は、初めて香港を旅したときにあちらこちらで見かけて印象的だった。「床が滑りやすいから注意せよ」みたいな意味だと思うけれど、香港のいたるところで注意喚起をうながされるとそうそう「地滑る」ことはない。私の場合いまのところ皆無だ。けれども、転ぶ人が多いからこその注意喚起なわけであるから、油断は禁物。小心、小心。

 それはさておき、沙田(シャティン)という街

もっとみる

イップマン侵略

詠春拳宗師である葉問(イップ・マン)は長男葉準の元を訪れるため、弟子の青年を引き連れ故郷である佛山に向かっていた。
「師父、荷物お持ちしますよ」
「いやいい。それよりお前こそ大丈夫か?」
 青年は親指で鼻を拭い、余裕の表情を浮かべる。だがその目は驚きに見開かれる。不審に思い視線の先へ顔を向けると黒煙が上がっていた。
「なんですかあれ」
 葉問は弾かれたように木々の間を走り出す。
「馬鹿な」
 眼下

もっとみる