板垣恵介

第9巻

この巻は全体の中では幕間的なニュアンスをもつ。一年生のお終いから二年生へと移り変わる時期。ライバルである橘英雄の凄さとヒール・広田の存在感を前半で強調。途中から主舞台の千川と比呂に話を戻している。あだち充は目先を変えて力を抜くのが上手い。
前のめりの展開にしたい時は主人公一辺倒にするといい。同じ高校野球漫画のちばあきお『プレイボール』と比較すると分かりやすい。

第6話 おそい!
比呂と春華のデー

もっとみる

『バキ道』①②巻 板垣恵介

2019年3月19日、
雨が降る暗き朝…
朝マックで読了!

詳しくはググってね。

連載開始からの全シリーズを
読んできた。

•地下格闘技場 最大トーナメント

•最凶死刑囚集結、中国憲法、ボクシング

•太古生命体、
地上最強生物である父

•現代に蘇生した宮本武蔵

もう、これで終わりか?
もう、今度こそ終わりか?

そこへ、〝相撲〟が降臨する!
バキ道ならぬ板垣道っっ!!

もっとみる

謝男 シャーマン

刃牙を描いてる板垣先生のシャーマン
昔読んだときはぶっ飛んでる内容!wwwくらいにしか思わなかったけど

昨日ふと読み返したら発見が!

主人公の拝一穴(おがみいっけつ)は新任教師
特徴としてめちゃくちゃ綺麗な土下座をします!町中のカラスが全部集まるくらいキレイなwww
説明適当なのでちゃんと知りたい人は原作読んでください

第6話は園正義←名前ほぼそのままw
の高校生時代の話…

園くん

もっとみる

まるでボジョレー・ヌーボーのキャッチフレーズだぜ 『範馬刃牙』

比喩ジャックマンvol.27 キャプテン・ストライダム

「序盤に強キャラとして出てきたキャラは戦闘力のインフレによりやがてネタキャラ化する」という格闘マンガあるあるがある。

刃牙シリーズのキャプテンストライダムも例に漏れず、当初は最強の軍人、範馬勇次郎に次ぐ実力者として華々しく登場するも、徐々に「雑魚キャラ無双、対雑魚キャラ専用アーミー」に落ち着いていきます。

その転落人生とはいかに。

もっとみる

一日一名言 No45.「“努力でもなんでもない”だからこそ問題なんだよ……誓ってもいい だッれも誉めないんだよそんなことはッッ!!!」 謝男 一巻 峰明日香

「普通」という言葉は猛毒だと思います。

誰にでもやる気が出てこず何もしたくない時期があるはずです。
でもそれを振り切って学校や会社に行ったとしても「いや、それ普通やん」の一言で済まされてしまうでしょう。

自分なりに成果を出しても皆が同じくらい出来ていたから誰も誉めない

誉められないからやる気がなくなる

無気力人間の出来上がり

結構こんな感じになってしまう人もいるんじゃないでしょう

もっとみる