権限移譲

組織文化は「評価」によってつくられる(カヤック・柳澤大輔さんインタビュー)

鎌倉を拠点に、ゲーム・広告・Webサービスなど、面白くてバズるコンテンツを次々とリリースするクリエイター集団「面白法人カヤック」のCEO・柳澤大輔さん。カヤックの「面白」の定義は「多様性」。多様な社会をつくるための取り組みとして、地域の特徴と強みを活かし、他の企業や行政、市民を巻き込んだ地域資本主義も推進しています。今回はそんな柳澤さんに、ティール組織の経営観について語っていただきました。(聞き手

もっとみる
ありがとうございます!ぜひ他の著者のマガジンものぞいてみてくださいね。
13

プレイングマネージャーから監督へ ~かの蒼空へ~

1、沈黙の3週間

全国公開の地域おこし協力隊の映画を制作するため、500万円の資金を調達するクラウドファンディングに挑み、見事に達成された山下大裕さん、通称ヤマダイ監督さん。

約3週間ほどSNS投稿を空けていたとのことです↓。

何があったのでしょうか? 詳細はこの記事に書いてあります↓。

今回の記事は、このヤマダイ監督さんの話から、色々と考えていきます。

2、緊張と弛緩

ヤマダイ監督さ

もっとみる

番外編 「時間泥棒は誰だ!」

「時間泥棒シリーズ」最新記事(2019年8月21日水曜日配信)を記念して、文字数の関係で掲載されなかった幻の原稿をnoteにて公開します。こっちを先に読んでから、日経の記事を読むと話としては繋がるはず、たぶんね。

で、読んでいただけるなら、#どんどんシェアして、#いいねしてね

経営者に読ませる「B2Bマーケティング攻略ガイド」
↓クリックすると各話をお読みただけます

第23話 その作業に価値

もっとみる
おぉ、この記事にスキをありがとうございます、頑張って書きます
18

松下幸之助と『経営の技法』#174

8/7 意志決定を任せる

~意志決定を任せていくことで、迅速かつ的確に情勢の変化に対処しやすくなる。~

 今日のように変化が激しい時代に、激しい競争の中で仕事をしていくには、意志の即断即決ということが非常に大事だと思う。
 ところが、そうなってくると、1人の人間が何もかも決定するというのでは、間に合わなくなってくる。ごく小さなところならともかく、何千人、何万人というような会社で、いちいち社長が

もっとみる

松下幸之助と『経営の技法』#167

7/31 仕事は1人ではできない

~部下を頼り、力として、ともに仕事をする。1人で仕事はできないものである。~

 経営者とか指導者は、率先垂範して仕事をする責任があるが、それは基本的な心がまえの上での話である。仕事は1人ではできない。一度に四方八方へ目を配ることもできない。それゆえに部下の人たちに、それぞれの責任でそれぞれの立場で仕事をしてもらう必要があるのである。それには部下をいたわり、鞭撻

もっとみる

松下幸之助と『経営の技法』#151

7/15 相談的に

~命令的に言うのでなく、相談的にやるようにする。~

 なるべく相談的にやることが大事だと思う。つまり、ただ「こうしてくれ」と言うのでなく、「こういうことをしようと思うが、君どう思うか」、あるいは「君やってくれるか」という具合にするわけである。そうすれば部下のほうも「私も賛成です。ぜひやりましょう」と言う場合もあるだろうし、「大変結構なことだと思いますが、このところはこうした

もっとみる

感動創庫®LFC 毎月第一土曜日は幹部会とクリーンデー No.187

本日は月に一度の幹部会とクリーンデーを行いました。

幹部会では課長以上が出席し先月の数値報告と状況の報告を行います。
また、今月は権限移譲についての話をしました。
というのも、今期の計画の中に部課長への権限移譲があり、その内容と進め方を課長に向けて説明しました。

決済の範囲やお客様対応等色々な点で今までは経営者に集中していた決定権などを役職ごとに明確にし、都度確認が無くても進められるようにしま

もっとみる

No.166 幹部会を行いました 権限移譲と責任範疇の明確化

昨日は感動創庫®LFCの月に一度の幹部会でした。

昨日は幹部の皆さんに自分の行動範囲を広げてほしいという話をしました。
課長は一つ上の役職のつもりで部長の仕事を、部長は経営者の仕事をする気持ちでやっていくと仕事の見方が変わります。

一つ上の立場から仕事を見れば、今まで悩んでいた問題もどうすれば解決できるのかも分かるようになりますし、自分ならこうしたいという思いがあれば、指示を待つのではなく自分

もっとみる

松下幸之助と『経営の技法』#119

6/13 適格と不適格

~私情にとらわれず、不適格な人はかえる。他の場所で、立派に花を咲かせてもらう。~

 部下のことにしろ自分自身のことにしろ、適格であるか否かの判断は、私情にとらわれることのない適正なものでなければなりませんが、そうである限りは、不適格な人をかえるのに躊躇してはいけないと思います。そして実際、他の部署に関わることによって、そこで立派に花を咲かす人もたくさんあるわけです。
 

もっとみる

権限移譲の手段

Don't be evil.(邪悪になるな)

グーグル社内で使われている、有名なスローガンです。
(ただし、最近、”Do the right thing."に更新されたという話もあります)

創業初期に、エンジニアがミーティングで考案したこのスローガンは、同社の価値観と理想を表しています。

しかし、グーグルの幹部は、それ以上の意味があると言います。

それは、「従業員への権限移譲のひとつの手段

もっとみる
ありがとうございます!明日もよろしくお願いしますm(_ _)m
10