歴史的背景

日韓の問題、原因は意外と単純。

日韓の政府による泥仕合、国民同士は迷惑なことで…というのが真相だと思っています。なぜかというと、私が見聞する限りにおいてこの原因は単に

政治ムラ、ネット村での争いに過ぎない

と思うので。報道にしても、目につくとかネタになるからああいうセンセーショナルな映像とか流れてくるだけ。時間がたつにつれ、そういう事が確信へと変わっていくのでむしろ困ったことをしてくれるな…という感情しかわきません。

 有

もっとみる

日韓外交問題、今だけを見たらダメ。

わかっていたことですが、ヤッパリこうなっちゃったのね。自分なりの分析と予想からすれば

やっぱりなー

と感じてました。というのも、

これまでスルーだったのに何で急にダメなんだ!

だからね、あちらの本音は恐らく。(苦笑)

 ずっと見てて感じたのは、韓国側の

日本たたきが韓国政界での困ったときの何とやら

だったってトコ。だから、日本の妥協しない姿勢に戸惑っていた。明らかに

これ位したらも

もっとみる

韓国の一連の反応を見た感想。

いよいよ、ホワイト国から降ろされることになりそうで・・・何とか回避したいという事で相当切羽詰まった状態なんだろうね。とはいえ、今回の一連の反応を見ていて改めてナルホドな・・・と思った点がかなりあります。

 まず、

1:儒教的、封建的権威主義がまだかなり根強く社会にはびこっている(日本もそれは同じだが、程度が違う)

2:歴史的視点から見たら、韓国の考え方や行動が理解しやすい(個人的な感想で)

もっとみる

『羅生門』 教材研究

はじめに

これは私がほぼ寝ずに夏休みの2ヶ月間かけて作り上げた資料です。せっかくなので、教育実習に行かれる方や『羅生門』を深く読みたい方に活用いただければと思い、noteに作り直しました。
大学で提出した際には、文句なしに100点頂き「一生の宝」と評されています。このnote一つで十分に『羅生門』の教材研究が可能だと思います。word換算で120枚以上に相当する内容です。

内容(wordテキス

もっとみる